国富論  1

アダム・スミス 著 ; 大河内一男 監訳 ; 玉野井芳郎, 田添京二, 大河内暁男 訳

古典経済学と近代自由主義思想の不滅の原典を平明的確な訳文で甦らせ、精細な訳注を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1篇 労働の生産力における改善の原因と、その生産物が国民のさまざまな階級のあいだに自然に分配される秩序について(分業について
  • 分業をひきおこす原理について
  • 分業は市場の大きさによって制限される
  • 貨幣の起源と使用について
  • 商品の真の価格と名目上の価格について、すなわち、その労働価格と貨幣価格について
  • 商品の価格の構成部分について
  • 商品の自然価格と市場価格について
  • 労働の賃銀について
  • 資本の利潤について
  • 労働と資本の種々な用途における賃銀と利潤について
  • 土地の地代について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国富論
著作者等 Smith, Adam
大河内 一男
大河内 暁男
玉野井 芳郎
田添 京二
スミス アダム
書名ヨミ コクフロン
書名別名 An inquiry into the nature and causes of the wealth of nations
シリーズ名 中公クラシックス W59
巻冊次 1
出版元 中央公論新社
刊行年月 2010.1
ページ数 31, 449p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-160114-8
NCID BB00711757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21721033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想