日本国民史  第1冊

斎藤斐章 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 緖論 / 1
  • 第一章 歷史とは何ぞや / 1
  • 第一節 歷史の字源と誤れる歷史敎授 / 1
  • 第二節 史觀の發達 / 8
  • 第三節 歷史學の本質 / 15
  • 第二章 歷史敎育 / 36
  • 第一節 歷史の敎育的價値 / 36
  • 第二節 國史敎育の使命 / 38
  • 第三節 歷史科の敎授 / 41
  • 第四節 歷史敎材の取扱 / 49
  • 第三章 國史槪觀 / 57
  • 國民精神の特色 / 57
  • 第二篇 神代史 / 77
  • 第一章 神代史の硏究 / 77
  • 第二章 神話の起源 / 81
  • 第三章 神話發生の順序 / 86
  • 第四章 神代史槪說 / 91
  • 第一 造化神 / 92
  • 第二 自然神 / 98
  • 第三 英雄神 / 107
  • 第四 天照大神 / 110
  • 第五 素戔鳴尊 / 113
  • 第六 國民雄大の氣象 / 117
  • 第七 大國主命 / 118
  • 第八 天孫降臨 / 125
  • 第九 日向三代 / 126
  • 第十 神話時代の生活狀態 / 128
  • 第五章 神話の敎育的價値 / 131
  • 第六章 神代史の範圍 / 133
  • 第七章 記・紀の由來 / 138
  • 註 / 141-142
  • 第三篇 氏族制時代 / 143
  • 第一章 天孫民族の東遷帝國の紀元 / 143
  • 第二章 帝國の統治四大民族の融合 / 152
  • 第三章 國民統一 / 168
  • 第四章 上古の法制 / 181
  • 第五章 對外關係 國民的自覺 / 186
  • 第六章 日本文化の進步 / 195
  • 第七章 支那思想と我が國民性 / 201
  • 第八章 佛敎思想及び佛敎藝術の輸入 / 205
  • 第九章 支那との交通 / 212
  • 第十章 聖德太子の功業 / 216
  • 第十一章 氏族制度の弊蘇我氏の滅亡 / 225
  • 註 / 232-243
  • 第四篇 新政時代 / 245
  • 第一章 大化の改新及び其の反動 / 245
  • 第二章 國際政局の變化 / 256
  • 第三章 蝦夷・隼人兩民族の綏服 / 261
  • 第四章 大寳律令 / 266
  • 第一 行政機關 / 267
  • 第二 財政 / 272
  • 第三 刑律の大要 / 274
  • 第四 徵兵の制軍備 / 275
  • 第五 學制 / 277
  • 結果 / 277
  • 註 / 279-280
  • 第五篇 奈良時代 / 281
  • 第一章 奈良時代の槪觀 / 281
  • 第二章 奠都當時の經濟狀態 / 288
  • 第三章 貴族の生活狀態と地方の文化 / 291
  • 第四章 奈良時代の文獻事業 / 297
  • 第五章 天平時代の文化 / 301
  • 註 / 310-318

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本国民史
著作者等 斎藤 斐章
齊藤 斐章
書名ヨミ ニホン コクミンシ
巻冊次 第1冊
出版元 賢文館
刊行年月 昭和10
版表示 普及版
ページ数 4冊
大きさ 23cm
NCID BN13627931
BN0827154X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47014464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想