親鸞再考 : 僧にあらず、俗にあらず

松尾剛次 著

浄土真宗の祖のみならず、日本を代表する思想家、哲学者でもある親鸞。その生涯を、これまであまり用いられてこなかった史料をもとに大胆に読み解く。法然門下に入る前、何をしていたのか。正妻は誰なのか、妻は何人いたのか。夢告はあったのか。越後流罪後、京に戻ったのか。息子の善鸞を義絶した背景は何か。大家が描き出す、新たなる親鸞の実像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 親鸞像を読み直す
  • 第2章 童子としての親鸞
  • 第3章 延暦寺官僧としての親鸞
  • 第4章 法然門下としての親鸞
  • 第5章 越後配流と関東布教
  • 第6章 帰京後の親鸞

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親鸞再考 : 僧にあらず、俗にあらず
著作者等 松尾 剛次
書名ヨミ シンラン サイコウ : ソウ ニ アラズ ゾク ニ アラズ
書名別名 Shinran saiko
シリーズ名 NHKブックス 1152
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2010.2
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091152-5
NCID BB01261667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21721907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想