松代町史  上巻

大平喜間多 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 地誌
  • 第一章 總說 / 1
  • 第二章 地誌槪要 / 4
  • 第三章 境界の確定 / 6
  • 第四章 行政區劃と字町の沿革 / 16
  • 第五章 町名の由來 / 61
  • 第六章 町の紋章 / 63
  • 第七章 名勝舊蹟 / 64
  • 第一節 町內名勝舊蹟 / 64
  • 第二節 町附近名勝舊蹟 / 69
  • 第二編 時代史
  • 第一章 先史時代 / 83
  • 第一節 總說 / 83
  • 第二節 先住民 / 84
  • 第三節 石噐の種類と其發見地點 / 86
  • 第四節 繩紋及彌生式土噐發見地點 / 91
  • 第二章 原史時代 / 96
  • 第一節 總說 / 96
  • 第二節 出速雄命の海津埀跡說 / 98
  • 第三節 信濃國造の赴任地 / 100
  • 第四節 古墳と松代地方の文化 / 103
  • 第三章 奈良朝、平安朝時代 / 128
  • 第一節 總說 / 128
  • 第二節 大領及主帳 / 129
  • 第三節 英多鄕 / 131
  • 第四節 關屋氏 / 135
  • 第五節 佛寺と神社 / 136
  • 第六節 大室牧 / 139
  • 第四章 鎌倉、吉野朝時代 / 141
  • 第一節 總說 / 141
  • 第二節 守護地頭 / 143
  • 第三節 松代地方の豪族 / 144
  • 第四節 莊園 / 147
  • 第五節 淸瀧城合戰 / 150
  • 第五章 室町、安土桃山時代 / 155
  • 第一節 總說 / 155
  • 第二節 大塔合戰と地方豪族の向背 / 156
  • 第三節 地方の豪族 / 159
  • 第四節 山城址 / 168
  • 第五節 村上氏の沒落 / 176
  • 第六節 海津城の築營 / 177
  • 第七節 城の名稱と要害 / 178
  • 第八節 武田氏時代 / 180
  • 第九節 森長可時代 / 190
  • 第十節 上杉氏時代 / 194
  • 第十一節 田丸直昌時代 / 202
  • 第六章 江戶時代 / 206
  • 第一節 總說 / 206
  • 第二節 森忠政時代 / 208
  • 第三節 松平忠輝時代 / 210
  • 第四節 松平忠昌時代 / 230
  • 第五節 酒井忠勝時代 / 233
  • 第六節 眞田信之時代 / 234
  • 第七節 眞田信政時代 / 305
  • 第八節 眞田幸道時代 / 325
  • 第九節 眞田信弘時代 / 352
  • 第十節 眞田信安時代 / 357
  • 第十一節 眞田幸弘時代 / 374
  • 第十二節 眞田幸專時代 / 390
  • 第十三節 眞田幸貫時代 / 395
  • 第十四節 眞田幸敎時代 / 408
  • 第十五節 眞田幸民時代 / 430
  • 第七章 明治、大正時代 / 507
  • 第一節 總說 / 507
  • 第二節 松代藩 / 508
  • 第三節 松代縣 / 530
  • 第四節 廢城 / 536
  • 第五節 區制 / 575
  • 第六節 大小區制 / 577
  • 第七節 郡區町村制 / 583
  • 第八節 聯合町村制 / 586
  • 第九節 町村制 / 588
  • 第十節 皇太子殿下行啓 / 608
  • 第十一節 皇族方の御成 / 611
  • 第三編 制度史
  • 第一章 財政 / 617
  • 第一節 經濟 / 617
  • 第二節 租稅 / 625
  • 第三節 祿制 / 636
  • 第四節 藩札 / 656
  • 第二章 兵制 / 665
  • 第一節 藩政時代の兵制 / 665
  • 第二節 廢藩以後の兵制 / 673
  • 第三節 戰死病歿者 / 675
  • 第四節 團体 / 683
  • 第三章 司法及警備 / 686
  • 第一節 司法 / 686
  • 第二節 警備 / 694

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 松代町史
著作者等 大平 喜間多
書名ヨミ マツシロ チョウシ
書名別名 Matsushiro choshi
巻冊次 上巻
出版元 長野県埴科郡松代町
刊行年月 昭和4
ページ数 2冊
大きさ 23cm
全国書誌番号
47021196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想