鋼並鉄筋コンクリート不静定橋

上野正夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 緒論 / 1
  • 1 靜定橋と不靜定橋の區別 / 1
  • 2 不靜定量又は力の數 / 3
  • 第二章 不靜定橋解法に必要なる理論 / 7
  • 3 直桁の彈性曲線 / 7
  • 4 單曲桁の變形 / 14
  • 5 變形働 / 17
  • 6 假想働の原理 / 21
  • 7 桁の撓度 / 21
  • 8 最小働の原理(Castigliano氏の定理) / 24
  • 第三章 連續桁橋 / 26
  • 9 緖說 / 26
  • 10 斷面並に彈性係數が均等なる桁の固定條件 / 27
  • 11 部材力率値或は荷重項の算定 / 30
  • 12 三力率の定理の誘導(Clapeyron氏の定理) / 33
  • 13 支点力率と剪力並に支点反力の關係 / 35
  • 14 二徑間連續桁 / 37
  • 15 三徑間連續桁 / 41
  • 16 彎曲率,支点反力及び剪力の影響線 / 44
  • 17 連續桁の圖式解法 / 53
  • 18 不均等斷面連續桁 / 62
  • 19 連續桁に對する支点の不等沈下及び不均等溫度の影響 / 66
  • 20 連續桁橋主桁設計 / 68
  • 21 支承設計 / 73
  • 22 鋼鈑連續桁道路橋設計例 / 89
  • 附「ゲルバー」桁又は有鉸連續桁橋 / 102
  • 第四章 拱の理論 / 109
  • 23 緖說 / 109
  • 24 拱に於る内力 / 109
  • 25 三鉸拱 / 112
  • 26 二鉸拱 / 124
  • 27 無鉸又は固定拱 / 144
  • 28 閉形環の特別の場合としての二鉸及び一鉸拱 / 164
  • 第五章 鋼拱橋の設計 / 168
  • 29 緖說 / 168
  • 30 鋼鈑拱 / 170
  • 31 構肋拱 / 177
  • 32 床構及び對風構 / 179
  • 33 支承 / 184
  • 34 二鉸式鋼鈑橋設計例 / 186
  • 第六章 鐵筋コンクリート拱橋の設計 / 209
  • 35 緖說 / 209
  • 36 拱軸線 / 211
  • 37 拱環厚 / 232
  • 38 鐵筋コンクリート拱橋の構造 / 242
  • 39 鐵筋コンクリート無鉸拱橋設計例 / 257
  • 第七章 剛節構橋 / 284
  • 40 緖說 / 284
  • 41 二鉸式剛節構 / 286
  • 42 無鉸式剛節構 / 316
  • 43 剛節構隅角部の構造 / 337
  • 44 剛節構橋の構造 / 355
  • 45 鐵筋コンクリート剛節構橋設計例 / 362
  • 附錄 内務省道路橋設計細則

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鋼並鉄筋コンクリート不静定橋
著作者等 上野 正夫
書名ヨミ ハガネ ナラビニ テッキン コンクリート フセイテイキョウ
出版元 淀屋書店出版部
刊行年月 昭和7
版表示 再版
ページ数 397, 10p
大きさ 23cm
NCID BA30320900
BA60270867
BB03022350
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47016447
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想