女はポルノを読む

守如子 著

女性もポルノグラフィを楽しんでいる-。男性特有のものと特殊視されやすい「ポルノを読む」経験をそのくびきから解き放ち、「女性たちがどのようなポルノを読んでいるのか」「どう楽しんでいるのか」「女性向けポルノはなぜマンガなのか」などを「ハードなBL」「レディコミ」雑誌を大量に読み込み、読者投稿を分析することで明らかにする。そのうえで、フェミニズムのポルノ批判が女性の性欲=性的能動性を取りこぼしている点を指摘して、快楽的な性に対する女性の能動性を肯定し、ポルノを消費する主体としての可能性を丁寧に論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フェミニズムとポルノグラフィ批判
  • 第2章 女性向けポルノグラフィの成立史
  • 第3章 女性向けポルノコミックの読者
  • 第4章 女性向けポルノと男性向けポルノ
  • 第5章 女性向けポルノはなぜマンガなのか
  • 第6章 ポルノグラフィのために-フェミニズムからフェミニズムへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女はポルノを読む
著作者等 守 如子
書名ヨミ オンナ ワ ポルノ オ ヨム : ジョセイ ノ セイヨク ト フェミニズム
書名別名 女性の性欲とフェミニズム

Onna wa poruno o yomu
シリーズ名 青弓社ライブラリー 64
出版元 青弓社
刊行年月 2010.2
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7872-3310-3
NCID BB01247484
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21720272
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想