本文校異方丈記諸抄大成

吉沢義則 著

附: 刊本方丈記書史 (小川寿一)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 行川のなかれは絶すして / 1
  • しらすむまれ死ぬる人 / 6
  • 去安元三年四月二十八日かとよ / 12
  • 吹迷ふ風にとかくうつり行ほとに / 14
  • 此度公卿の家十六燒たり / 16
  • 又治承四年卯月廿九日のころ / 19
  • 家の損亡するのみならす / 22
  • 又おなし年の水無月のころ / 23
  • されととかくいふかひなくて / 25
  • 其時をのつから事の便有て / 28
  • 是は世の亂るる瑞相かと聞をけるも / 33
  • ほのかに傳へ聞に / 35
  • 又養和の比かとよ / 37
  • 先の年かくのことくからくして暮ぬ / 41
  • あやしき賤山がつも力盡て / 43
  • 又哀なる事侍りき / 46
  • 仁和寺に隆曉法印といふ人 / 47
  • 近くは崇德院の御位の時長承の比かとよ / 50
  • 又元曆二年の比 / 51
  • 其中にある武士のひとり子の / 54
  • かくをひたゝ敷ふる事は / 55
  • 四大種の中に / 56
  • すへて世のありにくき事 / 59
  • もしをのすから身叶はすして / 60
  • わか身父方の祖母の家を傅へて / 65
  • 是も有し住居になつらふるに / 66
  • すへてあらぬ世を念し過しつゝ / 67
  • 爰に六十の露消方に及て / 70
  • とかくいふ程に齡は / 72
  • 今日野山の奧に跡をかくして / 74
  • 其ところのさまをいはゝ / 79
  • 若念佛物うく讀經まめならぬときは / 83
  • 若跡の白浪に身をよする朝には / 84
  • 又麓に一の柴の菴あり / 88
  • 或はつ花をぬき岩なしをとる / 90
  • あゆみ煩なく志遠く到るときは / 92
  • もし夜しつかなれは / 95
  • 大かた此ところに住初し時は / 98
  • すべて世の人の住家を作るならひ / 101
  • それ人の友たる者は / 103
  • もしすへき事あれは / 105
  • 衣食のたくひ又おなし / 107
  • 大かた世を逃れ身を拾しより / 109
  • それ三界はたゝ心一つなり / 111
  • 抑一期の月影かたふきて / 114
  • しつかなる曉此ことはりを / 117
  • 語句索引 / 123
  • 方丈記書史(小川壽一氏稿) 卷末附錄

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 本文校異方丈記諸抄大成
著作者等 吉沢 義則
書名ヨミ ホンブン コウイ ホウジョウキ ショショウ タイセイ
書名別名 Honbun koi hojoki shosho taisei
出版元 立命館出版部
刊行年月 昭和8
ページ数 122, 16, 52p
大きさ 23cm
NCID BN05735531
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47001505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想