送電系統の安定問題

更田健彦 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 緖論 / 1
  • 第二章 送電系統の一般回路定數と圓線圖 / 4
  • 第一節 送電網の一般回路定數 / 4
  • 第二節 送電線の圓線圖 / 10
  • 第三章 送電系統の最大電力 / 19
  • 第一節 直流送電線に於ける最大電力 / 19
  • 第二節 交流送電線に於ける最大電力 / 22
  • (イ) 項 短距離送電線 / 22
  • (ロ) 項 長距離送電線(ベクトル圖法に依る場合) / 24
  • (ハ) 項 長距離送電線(圓線岡法に依る場合) / 27
  • 第四章 定態安定度 / 34
  • 第一節 緖論 / 34
  • 第二節 定態安定度の計算方法其の一(Evans及びWagnerの方法) / 37
  • (イ) 項 導線網の一般的表示法 / 37
  • (ロ) 項 同期電源が二個ある場合-二機問題 / 41
  • (ハ) 項 同期電源が四個ある場合-四機問題 / 47
  • (ニ) 項 同期電源が三個ある場合-三機問題 / 52
  • 附 二機問題 / 53
  • (ホ) 項 中間進相機-Baum System / 53
  • (ヘ) 項 假定の吟味 / 58
  • (甲) 同期機の内部誘起電壓及び内部イムピーダンス / 58
  • Blondelの二反作用法 / 60
  • 例題1及び2 / 66
  • (乙) 受電端導線網の等價負荷 / 68
  • (ト) 項 計算の實例 / 69
  • 數字例 / 72
  • 第三節 定態安定度の計算方法共の二(Miss C1arkeの方法) / 77
  • (イ) 項 等價送電線 / 77
  • (ロ) 項 等價發電機 / 79
  • (ハ) 項 等價電動機 / 82
  • (ニ) 項 等價導線網 / 85
  • (ホ) 項 圖式解法 / 88
  • 第四節 送電系統の機械的模擬 / 90
  • 第五章 過渡安定度 / 96
  • 第一節 緖論 / 96
  • (イ) 項 負荷の急變 / 98
  • (ロ) 項 線路の開閉 / 100
  • (ハ) 項 短絡故障 / 101
  • (ニ) 項 時間對位相差の特性 / 103
  • 第二節 過渡安定度の計算方法 / 103
  • (イ) 項 位相差對電力特性 / 104
  • (ロ) 項 非對稱負荷の等價對稱値 / 107
  • (甲) 一線接地 / 111
  • (乙) 二線短絡 / 112
  • (丙) 二線接地 / 113
  • (丁) 三相短絡 / 114
  • (戊) 一線開放 / 114
  • (巳) 二線開放 / 117
  • (ハ) 項 單位慣性常數 / 120
  • (ニ) 項 等面積法 / 122
  • (甲) 系統の抵抗分を無視した場合 / 122
  • (乙) 系統の抵抗分を考慮した場合 / 125
  • (ホ) 項 解柝法 / 127
  • (ヘ) 項 段々法 / 133
  • (ト) 項 凸極機の場合 / 135
  • (甲) 二機問題 / 135
  • (乙) n機問題 / 140
  • (丙) 界磁電流變化する場合-人工過渡安定度 / 144
  • (チ) 項 省略法 / 146
  • 第三節 機械的模擬 / 147
  • 第四節 安定度の實地試驗 / 150
  • (イ) 項 電力計オスシログラフ / 150
  • (ロ) 項 Pacific Gas and Electric Co.の實地試驗 / 153
  • (甲) 線路の開閉試驗 / 154
  • (乙) 一線接地 / 156
  • (ハ) 項 Southern Power and Light Co.の實地試驗 / 157

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 送電系統の安定問題
著作者等 更田 健彦
書名ヨミ ソウデン ケイトウ ノ アンテイ モンダイ
書名別名 Soden keito no antei mondai
出版元 コロナ社
刊行年月 昭和7
版表示 3版
ページ数 158p
大きさ 23cm
NCID BA52726727
BA72801701
BN09439031
BN09439100
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47006498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想