音楽演奏法と解釈講座  第3

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖言 / 9
  • 詠唱、敍唱その他の述語に就いて / 12
  • 男聲の詠唱に關する緖言 / 19
  • J.S.BACH
  • バツハの受難曲 / 24
  • Jobannes-Passion(ヨハネ受難曲) / 29
  • アルト詠唱 Es ist vollbracht(事畢りぬ) / 29
  • Matthäus-Passion(マタイ受難曲) / 37
  • 1 ソブラノ詠唱 Blute nur,du liebes Herz(御心よ,償ひ給へ) / 39
  • 2 アルト詠唱 Erbarme dich,mein Gott(主よ,憐み給へ) / 45
  • 3 バス叙唱 Am Abend,da es kühle war(肌寒きタベ) / 52
  • Weihnachts-Oratorinm(基督降誕祭オラトリオ) / 57
  • アルト詠唱 Schliesse mein Herze(固く心に信ぜしめ給へ) / 59
  • h-moll Messe / 67
  • アルト詠唱 Qui Sedes(父の右に座する者よ) / 69
  • G.Fr.Händel
  • ヘンデルのオラトリオ / 75
  • The Messiah(救世主) / 81
  • ソプラノ詠唱I Know that my Redeemer(われは知る、わが救世主の不滅なるを) / 83
  • Samson(サムソン) / 91
  • バリトン又はバスの叙唱及詠唱
  • Beduernswerthes Loos!(憐むべき運命なるかな) / 93
  • Dein Heldenarm war einst mein Lied(汝が强き腕はありし日のわが歌なりき) / 94
  • Judas-Maccabaus(ユーダス、マツカペウス) / 101
  • アルト詠唱 Father of Heaven.(エホバよ、いつくしみ給へ) / 103
  • Chr.W.Gluck
  • グルックの歌劇 / 111
  • Orfée(オルフエ) / 117
  • アルト詠唱 J'ai perdu mon Euridice(あゝ、またも我ユーリデイスを失ひぬ) / 119
  • Iphigênie en Aulide(オーリスのイフィヂェニー) / 125
  • バリトン詠唱 O toi,l'obiet le plus amiable(おゝ、汝父に忠なる者よ) / 127
  • Jphig′enie en Tauride(トーリッドのイフィヂェニー) / 135
  • 1 テノール叙唱及詠唱
  • Unis de la plus tentre enfance(友よ、唯一の望みを、唯一の願ひを)Quel langage accablant pour un ami(この言葉は、汝を愛する友を如何程苦しめることか) / 137
  • 2 ソプラノ詠唱
  • Omalheureuse Jphigênie(おゝ、惱みに沈むわれを泣かしめよ) / 144
  • Fr.J.Haydn
  • ハイドンのオラトリオ / 151
  • Die Schopfung(天地創造) / 155
  • 1 ソプラノ叙唱及詠唱
  • Uud Gott sprach:Fs bringe die Erde Gras hervor (神言ひけるは、地靑草を地に發出せしむ)Nun beut die Flur(野は新絲もて眼を樂しませ) / 157
  • 2 バス叙唱及詠唱
  • Und Gott sprach:Es bringe die Erde hervor lebende Geschöpfe
  • (神言ひ給ひけるは、地は生物を其類に從ひて出し)
  • Nun scheint in vollem vollem Glanze(今やみ空は光り輝き) / 166
  • Die Jahreszeiten(四季) / 179
  • 1 ソプラノ叙唱及詠唱
  • Willkomm n jetzt,o dunkler Hain(うれしや今、おゝ茂れる森よ)
  • Welche Labung für die Sinne(耳爽快となる休みよ) / 181
  • 2 テノール叙唱及詠唱
  • Gefesselt steht der breite See(廣き湖は搖ぎもなく鎭まりて)
  • Hier steht der Wandrer nun(さすらひ人はさまよひ立てり) / 192
  • W.A.Mozart
  • モーツアルトの歌劇 / 203
  • Le Nozzc di Figaro(フイガロの結婚) / 209
  • 1 ソプラノ詠唱
  • Non so piû cosa. cosa faccio(今やわが心新なる喜び惱みに狂ひ) / 212
  • 2 ソプラノ詠唱
  • Porgi amor qualche ristoro(純なる衝動の聖なる泉よ) / 220
  • 3 バリトン叙唱及詠唱
  • Hai Gia′vinta la causa(もう手續きがうまく行つたと)
  • Vedro menter′io sospiro(我より下僕の奪ひし幸福) / 224
  • Don Giovann(ドンジヨヴァンニ) / 235
  • バス詠唱 Madamina(美しい方よ) / 238
  • Die Zauberflote(魔笛) / 251
  • 1 テノール詠唱 Dies Bildnis bezaubernd schon(この肖像の奇しくも美はしきは) / 254
  • 2 バス詠 唱 In diesem heilg′en Hallen(この聖なる殿堂にて) / 260
  • 3 ソプラノ詠唱 Ach,ich fuhl′s,es ist verschwunden(あゝ、われは思ふわが凡ての幸の消え失せたるを) / 264

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 音楽演奏法と解釈講座
書名ヨミ オンガク エンソウホウ ト カイシャク コウザ
巻冊次 第3
出版元
刊行年月 昭和9
ページ数 5冊
大きさ 23cm
全国書誌番号
46093468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想