ゲシタルトの問題と学説  第2輯

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 運動と變化
  • 第一節 運動の問題 / 1
  • 第二節 變化の問題 / 7
  • 第二章 驚盤運動
  • 第一節 現象的運動ヴェルトハイメルの硏究 / 12
  • 第二節 主要時相および中間時相 / 16
  • 第三節 硏究の理論的成果 / 24
  • 第三章 驚運動における法則性
  • 第一節 コルテの法則 / 29
  • 第二節 融合の問題 / 35
  • 第三節 對象の圖がらと運動の種々相(1) / 38
  • 第四節 對象の圖がらと運動の種々相(2) / 48
  • 第五節 周邊觀察盲斑の區域・視線の動靜 / 51
  • 第六節 場の影響(b)經驗・注意・構へ方・疲勞・練習 / 55
  • 第七節 週期的提示(持續的觀察)と刺戟增加系列露出 / 66
  • 第四章 實際の運動
  • 第一節 知覺される運動の極限値 / 71
  • 第二節 コルテの法則の妥當性 / 75
  • 第三節 運動する對象の圖がら特質 / 77
  • 第四節 場の影響空間のすわり / 79
  • 第五節 見かけの速度(見えの速さ) / 86
  • 第五章 圖がら過程としての運動
  • 第一節 驚盤運動における現象的同一性 / 93
  • 第二節 實際の運動における全體制約性 / 102
  • 第六章 視覺的運動の殘像
  • 第一節 運動殘像の生起その硏究方法 / 107
  • 第二節 運動殘像硏究の成果 / 112
  • 第七章 運動視のゲシタルト學說
  • 第一節 ヴェルトハイメルの生理的假說 / 121
  • 第二節 驚盤運動に關するケーレルの提說 / 125
  • 第三節 ゲシタルト學說と運動現象の種々相 / 131
  • 第八章 運動の觸知および聽識
  • 第一節 觸知された運動 / 142
  • 第二節 聽識された運動 / 143
  • 第三節 時空相待(タウ效果) / 151
  • 第四節 感性經驗と運動性 / 154

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ゲシタルトの問題と学説
著作者等 佐久間 鼎
書名ヨミ ゲシタルト ノ モンダイ ト ガクセツ
書名別名 運動の知覚

Geshitaruto no mondai to gakusetsu
巻冊次 第2輯
出版元 内田老鶴圃
刊行年月 昭和8
ページ数 158p (以下欠頁)
大きさ 22cm
全国書誌番号
46085668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
運動の知覚 佐久間 鼎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想