音楽講座  第1篇

兼常清佐著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき / 1
  • 樂典 / 12
  • 音の長さ / 16
  • a) 音の相對的の長さ / 16
  • 1 種々な音符 / 16
  • 2 附點 / 18
  • 3 奇數の割合に割られた音 / 20
  • 4 休みの音符 / 22
  • b) 音の絕對的の長さ / 24
  • 1 音の絕對的の長さ / 24
  • 2 曲の早さ / 25
  • 音の强さ / 31
  • a) 拍子から來る音の强さ / 31
  • 1 拍子の意味 / 31
  • 2 拍子の種類 / 34
  • b) 表情から來る音の强さ / 35
  • c) 表情に關する術語 / 37
  • 音の高さ / 40
  • 1 ピアノの鍵 / 40
  • 2 ピアノの白い鍵 / 42
  • 3 ピアノの黑い鍵 / 45
  • 附記 / 49
  • a) 音の長さについて / 49
  • 1 フエルマート / 49
  • 2 レガートとスタカート / 50
  • 3 ジンコーペ / 51
  • b) 音の高さについて / 52
  • 1 音符の省略 / 52
  • 2 裝飾音 / 52
  • c) 樂譜全體について / 54
  • 繰返しの符號 / 54
  • 音階 / 56
  • 音階の種類 / 56
  • a) 現代の音階 / 56
  • 1 長音階 / 57
  • 2 短音階 / 59
  • (i) 自然的 / 59
  • (ii) 和聲的 / 60
  • (iii) 旋律的 / 62
  • b) 昔の音階 / 66
  • c) その他のいろいろの音階 / 75
  • (i) 五音音階 / 76
  • (ii) 六音音階 / 78
  • (iii) 半音音階 / 79
  • 調子の種類 / 81
  • a) 移調の意味 / 81
  • b) 調子の種類 / 85
  • (i) 長音階 / 85
  • (ii) 短音階 / 88
  • c) 五度の圈 / 90
  • (i) 五度上 / 90
  • (ii) 五度下 / 92
  • 音程 / 95
  • a) 音程の意味 / 95
  • b) 音程の種類 / 96
  • (i) 白い鍵だけの音程 / 96
  • (A) 1オクターヴ以内 / 96
  • (B) 1オクターヴ以上 / 98
  • (ii) 黑い鍵を混ぜた音程 / 98
  • c) 音程の性質 / 101
  • 音樂槪論 / 107
  • 音樂家 / 111
  • 演奏家 / 111
  • 1) 機械的なもの / 114
  • (i) 指の機械 / 114
  • a) 强さ / 115
  • b) 速さ / 116
  • c) 打ち方 / 119
  • d) ペタル / 120
  • (ii) 心理的な機械 / 121
  • a) 譜のむつかしさ / 121
  • b) 音の種類 / 127
  • c) 和聲の組立 / 128
  • 2) 音樂的なもの / 140
  • 曲の解釋 / 140
  • a) 作曲家自身の解釋 / 140
  • b) 先生の解釋 / 141
  • c) 自分自身の解釋 / 142
  • 作曲家 / 150
  • I) 機械的な作品 / 150
  • II) 音樂的な作品 / 156
  • a) 感覺的な作品 / 156
  • b) 内容的な作品 / 163
  • 聽衆 / 169
  • a) 作曲家の作つた音樂の幾プロツエントが私共の耳にはいるか / 172
  • I) 量の問題 / 172
  • II) 質の問題 / 175
  • b) 作曲家の意志や感情は私共にわかるか / 182
  • 結語 / 198
  • 參考書 / 201
  • 附錄 / 203
  • ワーグネルの"ローエングリン"の序曲に就いて / 203
  • 揷入樂譜目次 / 227

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 音楽講座
著作者等 兼常 清佐
書名ヨミ オンガク コウザ
書名別名 音楽概論

Ongaku koza
巻冊次 第1篇
出版元 文芸春秋社
刊行年月 昭和7
ページ数 229p
大きさ 23cm
NCID BN1118688X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46093321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
音楽概論 兼常 清佐
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想