硯墨新語

飯島茂 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 口繪 / 1-18
  • 寫眞解說 / 1-8
  • 緖言 / 1
  • 第一章 硯の定義竝名稱 / 4
  • 第二章 硯の起源竝其の發達 / 7
  • 第一節 西域發掘漢晋時代の簡札 / 9
  • 第二節 朝鮮樂浪時代(前漢)の古墳出土の石板 / 11
  • 第三章 硯墨の使用に關する用語 / 20
  • 第一節 磨墨に關する用語 / 20
  • 第二節 墨汁に關する用語 / 23
  • 第三節 筆に關する用語 / 23
  • 第四章 硯の種類 / 24
  • 第一節 動物質の硯 / 25
  • 第二節 植物質の硯 / 27
  • 第三節 土質の硯 / 28
  • 第四節 鑛物質の硯 / 43
  • 第五章 硯石の具備すべき要性竝其の監硯方式 / 46
  • 第一節 傳統的文學的美術的鑑硯方式 / 49
  • 第二節 科學的監硯方式 / 116
  • 第六章 墨の一般的解說 / 139
  • 第一節 墨の起源 / 139
  • 第二節 墨の名稱竝潑墨の意義 / 144
  • 第三節 墨汁 / 166
  • 第四節 用墨上の注意 / 168
  • 第七章 墨の科學的硏究 / 183
  • 第一節 墨及墨汁の科學的成立 / 184
  • 第二節 膠質特有の二性質 / 185
  • 第三節 墨汁の凝聚度 / 186
  • 第四節 吸著現象及墨汁「コロイド」の大小 / 190
  • 第五節 墨汁の粘稠性、凝固性及墨色 / 198
  • 第八章 硯墨及水の科學的批判 / 228
  • 第一節 硯に就いて / 228
  • 第二節 墨に就いて / 232
  • 第三節 水に就いて / 234
  • 第九章 支那の硯石(上) / 235
  • 序說 / 235
  • 端溪石 / 239
  • 第一節 端溪の地理的解說 / 246
  • 第二節 端溪諸坑の變遷及採石狀況 / 246
  • 第三節 端石各坑の所在 / 286
  • 第四節 各端石の特性 / 290
  • 第五節 端石に關する文獻 / 315
  • 第十章 支那の硯石(下) / 322
  • 第一節 歙石 / 322
  • 第二節 端歙二石以外支那各省の硯石 / 340
  • 第十一章 滿洲の硯石 / 379
  • 第十二章 日本の硯石 / 386
  • 第一節 日本本土の硯石 / 386
  • 第二節 日本硯石補記 / 406
  • 第三節 臺灣の硯石 / 416
  • 第四節 朝鮮の硯石 / 418
  • 第十三章 硯の使用法保存法竝製法 / 421
  • 第一節 硯の德性 / 421
  • 第二節 大氣中に於ける硯石の變化 / 423
  • 第三節 硯の使用法 / 425
  • 第四節 墨繡を除去する法 / 428
  • 第五節 硯の保存法 / 431
  • 第六節 硯の製法 / 432
  • 第十四章 硯石文獻 / 434
  • 第一節 日本硯石文獻解題 / 435
  • 第二節 支那硯石文獻解題 / 443
  • 第三節 解題補記 / 498
  • 物件索引 文獻索引 / 513
  • 附表
  • 附圖第一端溪附近要圖 第二中華民國主要硯石產地要圖 第三日本主要硯石產地要圖

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 硯墨新語
著作者等 飯島 茂
書名ヨミ ケンボク シンゴ
出版元 雄山閣
刊行年月 昭和10
版表示 第2版(増訂版)
ページ数 533p
大きさ 23cm
ISBN 4639016336
NCID BA32297333
BA44250982
BN13554000
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46087519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想