京阪百話

坪内士行 等編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 表から見た大阪・裏から見た大阪 下田將美 / 1
  • 大阪城の上に立つて 高安月郊 / 41
  • 橋の上から見た水都 髙須芳次郞 / 49
  • 京の夜櫻 長田幹彥 / 63
  • 郊外の村芝居 石丸梧平 / 73
  • 大阪の花街 食滿南北 / 84
  • 祇園情調 髙谷仲 / 92
  • 上方女ばなし 實川延若 / 99
  • 灘の酒 本山荻舟 / 103
  • 京阪の食味 上司小劍 / 112
  • 舌の京阪 林春隆 / 119
  • カフエの大阪 村島皈之 / 134
  • 京阪情調の思ひ出 井田秀明 / 152
  • 大阪の四季景觀 高原慶三 / 161
  • 京阪年中行事の今昔 渡邊紫染 / 170
  • 京阪の芝居 高谷伸 / 188
  • 京阪スポーツ 橋戶頑鐵 / 197
  • 京都の映畫街 押山保明 / 207
  • 油繪で京阪を描く 鍋井克之 / 215
  • 近代的京都 岩田鯉喜平 / 220
  • 京都の工藝美術 千熊宇平 / 234
  • 關西の學界 殿井健治郞 / 263
  • 京都の日本畫界 神崎憲一 / 275
  • 京洛の文藝 石田幸太郞 / 287
  • 戱曲と關西の方言 山本修二 / 296
  • 所謂元祿期と人形淨るり 石割松太郞 / 302
  • 耳と西鶴 山口剛 / 311
  • 人形淨瑙璃の首 南江二郞 / 317
  • 梅川忠兵衛の墓 木谷蓮吟 / 326
  • 大鹽平八郞と大阪 大西利夫 / 332
  • 京阪間を連絡した三十石船 西村眞次 / 339
  • 超大都市の夢 坪内士行 / 344
  • 京阪文化の東漸 林久男 / 352
  • 京阪斷章 中村吉藏 / 362
  • 新聞人の見た京阪 藤田進一郞 / 366
  • 小說家として見た京阪 直木三十五 / 374
  • 江戶ツ兒の見た京阪 河野桐谷 / 380
  • 昔の大阪文壇 菊池幽芳 / 389
  • 明治三十年代の大阪 河井醉茗 / 395
  • 船を大川に浮べて 高安吸江 / 405
  • 街頭から見た近代京阪 渡邊均 / 409
  • 西の宮にて 薄田泣董 / 415
  • 都會交響樂(大阪の女・京の女) 成瀨無極 / 420
  • アラスカの十階から 高須芳次郞 / 439

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 京阪百話
著作者等 坪内 士行
木谷 蓬吟
高谷 伸
倉滿 南北
書名ヨミ ケイハン 100ワ
出版元 日東書院
刊行年月 昭和8
ページ数 443p
大きさ 20cm
NCID BA35123496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46085736
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想