椿説弓張月

滝沢馬琴 著 ; 藤村作 訳編

[目次]

  • 目次
  • 解說
  • 一 成立 / 1
  • 二 作者 / 4
  • 三 題材 / 6
  • 四 構想 / 8
  • 前篇
  • 一 武藝の論 / 13
  • 二 木綿山の狩座 / 20
  • 三 血氣の勇 / 24
  • 四 塔上の飛禽 / 28
  • 五 糾へる繩 / 34
  • 六 異國の美人 / 39
  • 七 義心の一徹 / 44
  • 八 保元の强弓 / 49
  • 九 宰府の小夜嵐 / 54
  • 一〇 楊梅が瀧の怪 / 58
  • 一一 女丈夫の仇討 / 64
  • 一二 千貫旅館の夜襲 / 68
  • 一三 大島の德化 / 72
  • 一四 直島の伺候 / 78
  • 後篇
  • 一五 女護の島渡り / 85
  • 一六 夫婦の大倫 / 91
  • 一七 東海の一箭 / 94
  • 一八 苛政の誡 / 99
  • 一九 謫所の書 / 103
  • 二〇 紙鳶の苦計 / 108
  • 二一 忠孝の最期 / 112
  • 二二 形見の弓箭 / 118
  • 二三 逢日の浦 / 123
  • 二四 白峰の御陵 / 127
  • 二五 木原山の再會 / 133
  • 二六 孝子の西下 / 139
  • 續篇
  • 二七 西海の再生 / 147
  • 二八 國亂れて烈女現る / 153
  • 二九 奸計の露顯 / 160
  • 三〇 虬塚の朦雲 / 162
  • 三一 琉球の二顆 / 165
  • 三二 鏡中の幻術 / 168
  • 三三 蘭芳徒に空し / 171
  • 三四 赤子を奪ふ / 173
  • 三五 禍獸の崇り / 176
  • 拾遺
  • 三六 富藏の水 / 181
  • 三七 朦雲の奸計 / 186
  • 三八 孤猻命を保つ / 189
  • 三九 爲朝利勇と相結ぶ / 192
  • 四〇 機先を制せらる / 196
  • 四一 兩雄の秘術 / 201
  • 四二 島袋の危難 / 206
  • 殘篇
  • 四三 巴麻島の仙童 / 209
  • 四四 姑巴島の再會 / 212
  • 四五 一つ家の山妻 / 218
  • 四六 天孫廟 / 224
  • 四七 靈箭 / 230
  • 四八 三賢志を述ぶ / 237
  • 四九 夫婦の垂敎 / 240
  • 五〇 八頭山の昇天 / 243

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 椿説弓張月
著作者等 曲亭 馬琴
滝沢 馬琴
藤村 作
瀧澤 馬琴
書名ヨミ チンセツ ユミハリズキ
書名別名 Chinsetsu yumiharizuki
シリーズ名 物語日本文学 ; 第34
出版元 至文堂
刊行年月 1954
ページ数 248p
大きさ 19cm
NCID BA3250321X
BN12087158
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54004247
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想