日本の歴史  20

網野善彦, 大津透, 鬼頭宏, 桜井英治, 山本幸司 編

短期間で近代国家を作り上げた新政府。それは何をめざし、どのような手法で、誰の手によってなされたのか。また、前時代の遺産の清算や、新たな政策・制度の伝達・徹底はどのように行われたのか。地方官や戸長の役割と活動に注目し、「上からの変革」と人々の自前の対応により形作られてゆく「明治」を、五箇条の御誓文から帝国憲法発布までを舞台に活写。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 明治の「藩」
  • 第2章 戸長たちの維新
  • 第3章 士族の役割
  • 第4章 官と民の出会い
  • 第5章 内治を整え民産を殖す
  • 第6章 憲法発布

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の歴史
著作者等 大津 透
網野 善彦
鈴木 淳
鬼頭 宏
書名ヨミ ニホン ノ レキシ
書名別名 維新の構想と展開
シリーズ名 講談社学術文庫 1920
巻冊次 20
出版元 講談社
刊行年月 2010.2
ページ数 375p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-291920-3
NCID BB01069091
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21718487
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
維新の構想と展開 鈴木 淳
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想