化学兵器解説

山口誠太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖言 / 1
  • 第一章 「ガス」兵器 / 5
  • 第一節 歐洲大戰に於ける「ガス」戰の槪要 / 6
  • 第二節 歐洲大戰に出現せる主要「ガス」 / 21
  • 第三節 將來戰に於ける「ガス」 / 25
  • 第四節 「ガス」の分類 / 27
  • 第五節 「ガス」の生理作用 / 31
  • 第六節 「ガス」の毒カに就て / 33
  • 第七節 「ガス」の理化學的性質 / 37
  • 第八節 「ガス」の工業的條件 / 43
  • 第九節 「ガス」各論 / 45
  • 其一 鹽素 / 45
  • 其二 ホスゲン / 59
  • 其三 鹽化蟻酸(一鹽化、二鹽化)メチルエステル / 74
  • 其四 ヂホスゲン / 76
  • 其五 シアン炭酸メチルエステル / 83
  • 其六 ヂクロルメチルエーテル / 84
  • 其七 ヂブロムメチルエーテル / 86
  • 其八 モノクロルァセトン / 87
  • 其九 モノブロムアセトン / 89
  • 其十 ブロムメチルエチルケトン / 92
  • 其十一 クロルアセトフエノン / 94
  • 其十二 ブロム醋酸エチルエステル / 96
  • 其十三 ヨード醋酸エチルエステル / 98
  • 其十四 臭化ベンジル / 100
  • 其十五 靑臭化ベンジル / 102
  • 其十六 臭素化キシロール / 104
  • 其十七 クロルピクリン / 106
  • 其十八 靑酸 / 110
  • 其十九 チクロン / 111
  • 其二十 クロルチアン / 113
  • 其二十一 ブロムチアン / 114
  • 其二十二 イソチアンフェニルヂクロリード / 115
  • 其二十三 ペルクロルメチルメルカプタン / 118
  • 其二十四 三鹽化砒素 / 118
  • 其二十五 メチル二鹽化砒素 / 120
  • 其二十六 エチル二鹽化砒素 / 122
  • 其二十七 ヂフェニル鹽化砒素 / 125
  • 其二十八 ヂフェニル靑化砒素 / 130
  • 其二十九 イペリツト / 132
  • 其三十 フェニル二鹽化砒素 / 144
  • 其三十一 アダムサイト / 146
  • 其三十二 ルイサイト / 148
  • 第十節 「ガス」用法 / 153
  • 其一 火砲による射擊 / 154
  • 其二 迫擊砲による擲射 / 158
  • 其三 投射機による投射 / 158
  • 其四 撒毒法 / 163
  • 其五 放射法 / 163
  • 其六 「ガス」手榴彈又に銃榴彈による投擲法 / 165
  • 其七 般空機による「ガス」彈投下又は雨下 / 165
  • 其八 毒煙法 / 166
  • 第十一節 「ガス」の特性 / 167
  • 第十二節 「ガス」兵器及他種兵器による死傷比較 / 168
  • 第二章 「ガス」防護 / 170
  • 第一節 總論 / 170
  • 第二節 各個人(各動物)の防護 / 173
  • 第三節 集團の防護 / 174
  • 第四節 防毒器材 / 175
  • 其一 防毒面 / 175
  • 其二 酸素呼吸器 / 180
  • 其三 防毒衣 / 183
  • 第五節 「ガス」檢知 / 184
  • 第六節 消毒 / 188
  • 第七節 「ガス」中毒者の救急處置 / 191
  • 第三章 發煙器材 / 196
  • 第一節 煙幕 / 197
  • 第二節 毒煙 / 201
  • 第三節 信號煙 / 203
  • 第四章 燒夷劑及火焔劑 / 204
  • 第一節 燒夷劑 / 205
  • 第二節 燒夷彈 / 209
  • 第三節 火焙劑 / 218
  • 附錄
  • 國土の防護 / 220

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 化学兵器解説
著作者等 山口 誠太郎
書名ヨミ カガク ヘイキ カイセツ
出版元 日本薬剤師会
刊行年月 昭和8
版表示 訂3版
ページ数 240p
大きさ 19cm
NCID BN04044524
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46084651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想