育林学原論

中村賢太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖言 / 1
  • 第1章 總說 / 12
  • 第1節 森林とその取扱 / 12
  • 第2節 森林の種類 / 19
  • 第3節 育林上重要なる若干の定義 / 38
  • 第2章 林木生育に必要なる條件 / 45
  • 第1節 環境(立地) / 45
  • 第2節 森林限界 / 49
  • 第3節 環境と林木の種類(樹種) / 55
  • 第4節 局所環境特に陽光と樹種 / 59
  • 第3章 森林地理 / 62
  • 第1節 總說 / 62
  • 第2節 世界に於ける森林の槪況 / 64
  • 第3節 本邦森林帶 / 76
  • 第4章 原始林の本質 / 98
  • 第1節 森林植相とその遷移(植生連續) / 98
  • 第2節 原始林(極盛相)の槪念 / 103
  • 第3節 原始林の特徵 / 104
  • 第4節 原始林の更生狀態 / 108
  • 第5節 樹種の交代 / 110
  • 第6節 原始林に傚へる施業法 / 117
  • 第5章 環境(立地)と林木 / 120
  • 第1節 氣候 / 121
  • 第2節 土壤 / 149
  • 第3節 位置 / 162
  • 第4節 地位(林型論) / 168
  • 第6章 樹木の生理 / 178
  • 第1節 種子の發芽 / 178
  • 第2節 生長 / 180
  • 第3節 根(根系) / 187
  • 第4節 傷害及び枯死 / 196
  • 第5節 繁殖 / 197
  • 第6節 人口植栽幼齡林の開花結實 / 205
  • 第7節 品種竝に產地問題 / 209
  • 第7章 林木の特性 / 225
  • 第1節 孤立木と林木(林分) / 225
  • 第2節 鬱閉度及び立木度 / 227
  • 第3節 林木の生長 / 232
  • 第4節 危害 / 236
  • 第8章 重要樹種の性質 / 239
  • 第1節 總說 / 239
  • 第2節 針葉樹 / 244
  • 第3節 濶葉樹 / 261
  • 第4節 樹種相互の關係特に生存競爭 / 272
  • 第5節 混淆林の取扱 / 274
  • 第6節 數段林の取扱竝に樹種の變更(交代) / 282
  • 第9章 喬林の作業種 / 286
  • 第1節 伐採法と更新の手段 / 286
  • 第2節 喬林作業種の分類 / 293
  • 第3節 林冠の組成(林形) / 297
  • 第4節 各作業種の得失 / 298
  • 第10章 更新の方法(林木仕立法) / 306
  • 第1節 更新と造林 / 306
  • 第2節 人口造林失敗の原因とその對策 / 307
  • 第3節 人口造林の槪況とその趨勢 / 315
  • 第4節 天然更新の得失 / 326
  • 第5節 更新法の選定 / 332
  • 第6節 擇伐喬林作業附擇伐矮林作業 / 335
  • 第7節 皆伐の是非 / 344
  • 第8節 天然生林の整理伐 / 347
  • 第9節 恒續林思想 / 350
  • 第10節 ドイツに於ける造林竝に施業問題 / 354
  • 第11節 本邦各地に於ける造林竝に施業間題 / 357
  • 第11章 一齊林の撫育 / 366
  • 第1節 除伐(洗伐) / 366
  • 第2節 間伐(拔き伐り・まぎり・撫育伐) / 367
  • 第3節 受光伐及び樹下植栽 / 388
  • 第4節 枝打 / 389
  • 第12章 育林計畫(造林計畫) / 391
  • 第1節 林相圖 / 391
  • 第2節 小班區分 / 396
  • 第3節 造林樹種の選定特にスギ・ヒノキの得失 / 400
  • 第4節 伐採(更新・造林)の順序 / 403
  • 第5節 造林案(育林案) / 405
  • 後記 / 408
  • 邦語索引 / 411
  • 獨逸語索引 / 419
  • 英語索引 / 422

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 育林学原論
著作者等 中村 賢太郎
書名ヨミ イクリンガク ゲンロン
出版元 西ケ原刊行会
刊行年月 昭和10
版表示 再版
ページ数 422p
大きさ 23cm
NCID BA30810579
BN10704967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46077691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想