基本図案学

金子清次 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 總說 圖案の體系 / 1-17
  • 第一章 要素と資料 / 18-35
  • 第二章 寫生と便化 / 36-44
  • 第三章 美的感覺 / 45-57
  • 第四章 構成形式の原理と法則 / 58-72
  • 第五章 要素配列上の調和法 / 73-83
  • 第六章 單獨模樣 / 84-98
  • 第七章 二方連續模樣 / 99-106
  • 第八章 唐草模樣構成法 / 107-111
  • 第九章 四方連續模樣 / 112-124
  • 第十章 統覺と錯覺 / 125-128
  • 第十一章 立體美の要件 / 129-134
  • 第十二章 成形法 / 135-146
  • 第十三章 器體面の裝飾 / 147-156
  • 第十四章 裝飾品と實用品 / 157-162
  • 第十五章 用途、物質、製作法に對する意匠 / 163-172

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 基本図案学
著作者等 金子 清次
書名ヨミ キホン ズアンガク
出版元 共立社
刊行年月 昭和9
ページ数 172p
大きさ 23cm
NCID BN11129219
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46081702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想