河川法論

安田正鷹 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 總論
  • 第一節 廣義の河川法 / 1
  • 第二節 河川法の對象 / 3
  • 第三節 河川の意義 / 3
  • 第四節 河川と河川ならざる水流水面 / 10
  • 第五節 河川の實體 / 14
  • 第六節 河川の性質 / 16
  • 第七節 河川の種別 / 21
  • 第八節 河川の單位 / 32
  • 第九節 河川の主體 / 36
  • 第十節 河川の所有權 / 52
  • 第十一節 河川と國有財產法との關係 / 58
  • 第二章 總則
  • 第一節 河川の認定 / 62
  • 第二節 支川若くは派川の認定 / 66
  • 第三節 河川法の凖用 / 71
  • 第四節 河川區域の認定 / 80
  • 第五節 河川區域の變更 / 93
  • 第六節 河川と私權との關係 / 97
  • 第七節 河川の附屬物 / 106
  • 第八節 河川の公用廢止 / 116
  • 第三章 河川の管理
  • 第一節 河川の管理の意義 / 119
  • 第二節 河川管理權の主體 / 121
  • 第三節 河川法第六條の管理の意義 / 126
  • 第四節 河川の管理其の他の河川の機關 / 128
  • 第五節 河川の工事、維持、修繕 / 137
  • 第六節 河川に關ずる他の工事の施行並維持 / 146
  • 第七節 河川臺帳 / 149
  • 第四章 河川の使用
  • 第一節 河川の使用 / 154
  • 第二節 河川の自由使用 / 156
  • 第三節 自由使用の性質 / 159
  • 第四節 自由使用の侵害 / 170
  • 第五節 河川の特別使用 / 173
  • 第六節 特別使用の種別 / 176
  • 第七節 特別使用の許可 / 179
  • 第八節 特別使用權の性質 / 190
  • 第九節 特別使用權の保護 / 201
  • 第十節 河川の使用及占用 / 209
  • 第十一節 河川に[説]置する工作物 / 219
  • 第十二節 慣習に因る河川の使用 / 223
  • 第十三節 特別使用の取消及び制限 / 230
  • 第十四節 許可の失效 / 237
  • 第十五節 權利義務の移轉 / 238
  • 第五章 河川の公用負擔及び公用制限
  • 第一節 河川法の規定する公用負擔及び公用制限 / 243
  • 第二節 河川に對する公用制限 / 246
  • 第三節 河川の洪水防禦の爲にする公用負擔 / 248
  • 第四節 河川工事の爲にする公用負擔 / 255
  • 第五節 河川附近の土地工作物に對する公用負擔及び公用制限 / 261
  • 第六節 河川となるべき區域に對する公用負擔及び公用制限 / 269
  • 第七節 河川となるべき區域の附近の土地に對する公用負擔及び公用制限 / 274
  • 第八節 土砂扞止の爲に必要なる土地に對する公用負擔 / 275
  • 第六章 河川に關する費用
  • 第一節 河川に關する費用の負擔區分 / 279
  • 第二節 河川法の適用を受くる河川の費用 / 280
  • 第三節 河川法の準用を受くる河川の費用 / 296
  • 第四節 河川法に關係なき河川の費用 / 299
  • 第七章 河川より生ずる收入
  • 第一節 河川より生ずる收入の區分 / 300
  • 第二節 河川法の適用を受くる河川の收入 / 300
  • 第三節 河川法の準用を受くる河川の收入 / 311
  • 第四節 河川法に關係なき河川の收入 / 313
  • 第五節 舟筏の通航料 / 317
  • 第八章 河川に關する不法行爲
  • 第一節 河川法の不法行爲 / 323
  • 第二節 違背行爲の排除、豫防設備の義務 / 323
  • 第三節 損害賠償 / 326
  • 第九章 廢川敷地處分
  • 第一節 廢川敷地 / 333
  • 第二節 廢川敷地の管理收入 / 336
  • 第三節 廢川敷地の處分 / 338
  • 第四節 廢川敷地處分の效果 / 349
  • 第五節 廢川敷地處分の特別規定 / 350
  • 第六節 廢川敷地處分令の準用 / 352
  • 第七節 凖用河川の廢川敷地處分 / 354
  • 第八節 河川法に關係なき河川の廢川敷地處分 / 357
  • 第十章 監督强制及罰則
  • 第一節 河川法に依る適用河川の監督 / 361
  • 第二節 河川法の適用若くは準用なき河川の監督 / 365
  • 第三節 强制執行 / 368
  • 第四節 保證金の强制處分 / 369
  • 第五節 費用の强制徵收 / 371
  • 第六節 强制豫算 / 372
  • 第七節 他の府縣または他府縣内の公共團體に對する費用負擔の强制 / 375
  • 第八節 其他の强制規定 / 378
  • 第九節 罰則 / 379
  • 第十一章 訴願及訴訟
  • 第一節 訴願 / 381
  • 第二節 行政訴訟 / 384
  • 第三節 先決問題の訴願または訴訟 / 387
  • 第四節 民事訴訟 / 390

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 河川法論
著作者等 安田 正鷹
書名ヨミ カセンホウ ロン
出版元 松山房
刊行年月 昭和10
ページ数 392p
大きさ 23cm
NCID BN13451879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46080644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想