光源氏「隠れ遊びの里」殺人事件 : 長編推理小説

和久峻三 著

「京都駅へ着いたら、落葉神社に行け」。新幹線の車中で、小野里世子は奇妙な電話を受けた。夫とともに興味本位で向かった神社で、二人は三人の暴漢に襲われる。気絶した彼女が目覚めた時、夫の姿はなく、針の刺さった藁人形が残されていた!夫は誘拐されたのか?事件を追う行天燎子警部補と赤かぶ検事。源氏物語伝説の地を舞台に展開する、奇怪な事件の真相とは。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光源氏「隠れ遊びの里」殺人事件 : 長編推理小説
著作者等 和久 峻三
書名ヨミ ヒカル ゲンジ カクレ アソビ ノ サト サツジン ジケン : チョウヘン スイリ ショウセツ
シリーズ名 赤かぶ検事シリーズ わ3-80
光文社文庫 わ3-80
出版元 光文社
刊行年月 2010.2
ページ数 241p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-74731-2
全国書誌番号
21715279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想