新しき出発 : 評論集

徳永直 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 恥かしい「序文」
  • I
  • 新らしき出發 / 5
  • ゴリキーに關する斷片 / 14
  • II
  • 坐つて話す / 25
  • リアリズムについて / 41
  • 「ナルブ」に對する希望 / 47
  • ブロレタリア作家の經濟生活について / 66
  • 大家の末路 / 74
  • III
  • 創作方法の新轉換 / 83
  • 創作方法における新段階 / 104
  • 創作方法に關する感想 / 109
  • 課せられた桎梏 / 117
  • 一九三四年への步み / 127
  • 感ずること二三 / 139
  • IIII
  • 林の「靑年」を中心に / 147
  • 明治維新に關する歷史小說 / 160
  • 伏字問題その他 / 171
  • 大衆文學形式の提唱を自己批判する / 176
  • 作家を志願する人々について / 180
  • V
  • 文學新聞は作家を生んだ / 187
  • プロ文學における感情の問題 / 195
  • VI
  • 佐々木俊郞について / 203
  • 窪川鶴次郞について / 208
  • 新戀愛は工場に芽生える / 212
  • 小說はいかにかくべきか / 222
  • VII
  • 逆浪に揉まれて / 233
  • 假面を剝ぎつゝ / 255
  • 初夏の抱負 / 270
  • プロレタリア文學の一方向 / 286

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新しき出発 : 評論集
著作者等 徳永 直
書名ヨミ アタラシキ シュッパツ : ヒョウロンシュウ
書名別名 Atarashiki shuppatsu
出版元 ナウカ社
刊行年月 昭和9
ページ数 301p
大きさ 20cm
NCID BA39252661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46076836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想