去来抄新講  上

宇田久 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文 藤井紫影 / 1
  • 序文 上川井梨葉 / 3
  • 例言 / 9
  • 口繪(曉臺梓行本上卷表紙及び敍文)
  • 底本圖版(曉臺梓行本上先師評)
  • 去來抄新講上(先師評)
  • 一 蓬萊に / 3
  • 二 からさきの / 20
  • 三 行春を / 46
  • 四 此木戶や / 59
  • 五 うらやまし / 70
  • 六 こからしに / 77
  • 七 春風に / 92
  • 八 淸瀧や / 101
  • 九 凉しさの / 118
  • 一〇 面檝や / 125
  • 一一 君か春 / 132
  • 一二 振舞や / 138
  • 一三 田のへりの / 144
  • 一四 大としを / 148
  • 一五 賽錢も / 155
  • 一六 月雪や / 159
  • 一七 きられたる / 167
  • 一八 をとゝ日は / 176
  • 一九 病鴈の / 190
  • 二〇 岩鼻や / 198
  • 二一 うつくまる / 208
  • 二二 下京や / 217
  • 二三 猪の / 225
  • 二四 蘿の葉の / 239
  • 二五 下臥に / 252
  • 二六 手をはなつ / 258
  • 二七 泥龜や / 264
  • 二八 したらくに / 269
  • 二九 靈棚の / 273
  • 三〇 夕すゝみ / 286
  • 三一 つかみあふ / 291
  • 三二 いそかしや / 300
  • 三三 兄弟の / 306
  • 三四 につと朝日に / 317
  • 三五 梅にすゝめの / 326
  • 三六 船にわつらふ / 333
  • 三七 弓張の / 350
  • 三八 丁稚か擔ふ / 354
  • 三九 前句ほんとぬけたる / 360
  • 四〇 くろみて高き / 364
  • 四一 綾の寐まきに / 372
  • 四二 二つにわれし / 380
  • 四三 分別なしに / 393
  • 四四 赤人の / 406
  • 四五 駒牽の / 411
  • 去來評傳(附錄第一)
  • 去來肖像(挿畫) / 2
  • 出自 / 3
  • 父母 / 3
  • 兄弟 / 4
  • 人物 / 5
  • 妻子 / 8
  • 落柿舍 / 11
  • 俳歷 / 17
  • 編著 / 23
  • 門流 / 24
  • 追善 / 26
  • 作風 / 30
  • 去來筆蹟(挿畫) / 33
  • 新編去來發句集(附錄第二)
  • 春之部 / 3
  • 夏之部 / 11
  • 秋之部 / 20
  • 冬之部 / 33

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 去来抄新講
著作者等 宇田 久
書名ヨミ キョライショウ シンコウ
巻冊次
出版元 俳書堂
刊行年月 昭和10
ページ数 419, 35, 41p
大きさ 23cm
全国書誌番号
46082565
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想