自然な日本語を教えるために : 認知言語学をふまえて

池上嘉彦, 守屋三千代 編著

[目次]

  • 1 "認知言語学"から"日本語らしい日本語"へ向けて
  • 2 認知言語学の日本語教育への応用と有効性
  • 3 日本語教育の場に現れた認知言語学の世界
  • 4 日本語話者は"見え"のままに話す
  • 5 日本語話者は共同で話す
  • 6 英語・中国語・韓国語から考える
  • 7 日本語教育・日本語教科書を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然な日本語を教えるために : 認知言語学をふまえて
著作者等 ハヤシ ブレンダ
姫野 伴子
守屋 三千代
徐 一平
本多 啓
池上 嘉彦
生越 直樹
近藤 安月子
金 智賢
陳 淑梅
Riggs, Hidemi
奇 貞旼
新村 朋美
書名ヨミ シゼンナ ニホンゴ オ オシエル タメニ : ニンチ ゲンゴガク オ フマエテ
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2009.12
ページ数 227p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89476-431-6
NCID BB00616326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21730972
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想