禅のこころ : その詩と哲学

竹村牧男 著

禅とは何だろうか。古来、仏の悟りの真髄をこころからこころへと伝えてきたため、その世界に参入するのはなかなか難しい。本書はこの難問に応える。禅の世界は、坐禅修行を通して真実の自己とは何かを究明し、同時に現実世界において平常心に生きる道であることを解き明かす。そこに開かれる、自然や他者との不二の境地は、まさに詩となり、味わいに富む言葉に結晶する。その禅的境涯にひそむ理路は、「言語」「時間」「身心」「行為」などの哲学的探究の展開ともなる。禅を、今を生きるための思想として、多くの人の身近なものとすべく意図された、他に類例のない入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 真実の自己を尋ねて"実存"
  • 2 「春は花」の風光"言語"
  • 3 永遠の今に生きる"時間"
  • 4 仏に逢うては仏を殺す"身心"
  • 5 平常無事のこころ"行為"
  • 6 自他不二の世界"協働"
  • 7 大悲に遊戯して"大乗"
  • 付編 良寛における詩と哲学-『法華讃』の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 禅のこころ : その詩と哲学
著作者等 竹村 牧男
書名ヨミ ゼン ノ ココロ : ソノ シ ト テツガク
書名別名 はじめての禅

Zen no kokoro
シリーズ名 ちくま学芸文庫 タ32-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.1
ページ数 281p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09267-0
NCID BB00618718
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21713425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想