新物理の散歩道  第5集

ロゲルギスト 著

片寄ったものの見方を「色眼鏡で見る」という。カメラや望遠鏡は当然、形や色の歪みを極力避ける。しかしヘルムホルツがバイオリンの弦の振動のようすを可視化した光学器械は、振幅方向のみ、つまり歪みを強調する振動顕微鏡だった。ときに色眼鏡をかけ物を処理するのも大人の力量という含蓄のエッセイ「心眼を肉眼に」。ほかに、どう考えても不思議なエッシャーのだまし絵の謎とき。蚊取線香にクリップを留めるとそこで火が止まる。そのクリップの大きさは?などなど。初級者には多様な話題のおもしろさが、上級者には噛むほどに伝わってくる味わい深さが魅力の科学エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻きひげの形の秘密
  • 消しゴムの機構
  • 魚梯
  • 立ち消えする渦巻き線香
  • だまし絵の謎とき
  • 量産の仕組み
  • 自動化がなぜ必要か
  • 昼間見る月はなぜ白い
  • 物理の樹のはなし
  • 刃物の切れ味
  • 続・結晶の形はどうしてきまるか
  • 心眼を肉眼に
  • 風呂桶の渦巻き
  • 煤の上にのこした記録
  • 逆さコップの蓋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新物理の散歩道
著作者等 ロゲルギスト
書名ヨミ シン ブツリ ノ サンポミチ
シリーズ名 Math & science ロ6-5
ちくま学芸文庫 ロ6-5
巻冊次 第5集
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.1
ページ数 246p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09235-9
NCID BA89980048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21712066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想