経済的財価値の基礎理論 : 主観的価値と客観的交換価値

ボェーム・バウェルク 著 ; 長守善 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯者序 / 3
  • 緖言 / 11
  • 第一部 主觀的價値の理論 / 23
  • 一 主觀的價値の本質と起源 / 23
  • 二 價値の大小 / 39
  • 三 反對論と其の反駁 / 81
  • 四 特に數種の用途を有する場合に於ける價値の大小について。使用價値と主觀的交換價値 / 90
  • 五 補完財の價値 / 97
  • 六 生產財及び「高順位」財一般の價値。價値と費用との關係 / 104
  • 七 自說の擁護 / 124
  • 八 主觀的價値の科學的意義 / 128
  • 第二部 客觀的交換價値の理論 / 137
  • 一 序說 / 137
  • 二 問題 / 141
  • 三 價格構成の根本法則 / 155
  • 四 價格決定原因の再分析 / 185
  • 五 「需要供給」の法則に於ける眞理と誤謬 / 209
  • 六 費用の法則 / 226

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済的財価値の基礎理論 : 主観的価値と客観的交換価値
著作者等 Böhm-Bawerk, Eugen von
長 守善
ボェーム・バウェルク
書名ヨミ ケイザイテキ ザイ カチ ノ キソ リロン : シュカンテキ カチ ト キャッカンテキ コウカン カチ
シリーズ名 岩波文庫 ; 858-859
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和7
ページ数 235p
大きさ 16cm
全国書誌番号
47029569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想