支那時報叢書  [9]

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第四 平安朝の文化發達篇 / 1
  • 第一章 桓武天皇の局面打開と平安遷都 / 1
  • イ 光仁帝の立太子に就いて / 1
  • ロ 桓武天皇の新政 / 2
  • ハ 平安遷都前後の政蹟 / 4
  • ニ 平安城の規模 / 5
  • ホ 蝦夷の討平 / 7
  • ヘ 延曆年間の文化施設 / 8
  • ト 傳敎、弘法の二大師と其感化 / 10
  • 甲 傳敎大師の生誕と出家 / 11
  • 乙 弘法大師の生誕と出家 / 13
  • 丙 傳敎大師の修養及び入唐 / 14
  • 丁 弘法大使の修學と入唐求法 / 17
  • 第二章 傳敎、弘法の齎らしたる文化と其の影響 / 21
  • イ 傳敎大師の歸朝と其の求得せる敎籍 / 21
  • ロ 桓武天皇の叡感と崩御 / 25
  • ハ 傳敎大師の著書と其の入滅 / 27
  • ニ 慧果阿闍梨と弘法大師 / 29
  • ホ 慧果阿闍梨の入滅と墓碑銘の撰書 / 31
  • ヘ 唐人の見たる大師と其の交はりたる人物 / 34
  • ト 弘法大師の請來せる目錄 / 36
  • チ 弘法大師の著作 / 39
  • 第三章 大同、弘仁、天長時代の文化的進展 / 40
  • イ 大同年間の文化 / 40
  • ロ 弘仁年間の文物 / 42
  • ハ 嵯峨天皇時代の制度肅正 / 43
  • ニ 嵯峨天皇の文藻 / 45
  • ホ 弘仁年間に發達したる書道 / 49
  • ヘ 製筆の技進む / 51
  • ト 女性文學の先驅者たる有智子内親王 / 52
  • チ 弘仁年間の文化槪觀 / 55
  • リ 天長年間の文化進展 / 58
  • 第四章 承和年間に派遣せられたる遣唐使と留學僧 / 62
  • イ 前例のなき遣唐使の優遇 / 62
  • ロ 遣唐使事に殉難せる者への榮典 / 65
  • ハ 遣唐使出發と其の歸朝 / 66
  • ニ 留學僧靈仙在唐の事跡 / 68
  • ホ 渤海僧貞素の記したる靈仙の最後 / 70
  • ヘ 靈仙と渤海との關係 / 72
  • ト 承和五年に派遣せられたる留學僧 / 74
  • 第五章 承和以後の商業交通と私的交通 / 79
  • イ 平安京の商業狀態 / 80
  • ロ 嘉祥以後の唐舶來航 / 83
  • ハ 通商貿易の方法 / 85
  • ニ 空海入寂後の遺弟と唐との應酬 / 87
  • ホ 實慧より弘法大師の訃を告ぐるの書 / 88
  • ヘ 靑龍寺に贈りたる紀念品 / 90
  • ト 承和四年の追贈品目 / 92
  • チ 唐朝に於ける圓行 / 94
  • リ 靑龍寺鏡の答書 / 95
  • ヌ 靑龍寺よりの答禮品目 / 97
  • ル 快速力の記錄を作りたる惠運 / 98
  • 第六章 日唐交通史上の異彩たる慧萼と眞如法親王 / 100
  • イ 慧萼と眞如法親王の事跡に就いて / 100
  • ロ 日支の史籍に顯はれたる惠萼 / 101
  • ハ 慧萼の入滅及び歸朝に就いて / 103
  • ニ 慧萼の再入唐に就いて / 104
  • ホ 慧萼の伴ひ歸りたる義空に就いて / 105
  • ヘ 普陀山を創立したる年代 / 107
  • ト 小普陀より大普陀に化したる年月 / 109
  • チ 名山と共に永久に活ける慧萼 / 110
  • リ 渡唐前の親王と其の事略 / 113
  • ヌ 親王の大和出發 / 113
  • ル 造船後の出發と明州到着 / 114
  • ヲ 明州着より入京まで / 115
  • ワ 入京より廣州出發まで / 116
  • カ 廣州出發の親王と其の最後 / 117
  • 第七章 公私の交通に據りて發達したる我國の文化結晶 / 119
  • イ 私的交通前後に貽されたる著書 / 119
  • ロ 仁和より延喜年間に至る我國の文化 / 121
  • ハ 藤原佐世の日本見在書目 / 123
  • ニ 見在書目の奧書に就て / 127
  • ホ 本篇の結語 / 129

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 支那時報叢書
著作者等 水野 梅暁
書名ヨミ シナ ジホウ ソウショ
書名別名 日支交通の資料的考察. 第4(平安朝の文化発達篇)

Shina jiho sosho
巻冊次 [9]
出版元 支那時報社
刊行年月 昭和8
ページ数 129p
大きさ 23cm
全国書誌番号
47022986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想