世界第二大戦 : 太平洋攻防

ゴロウイン, ブブノフ 共著 ; 石丸藤太 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前序 日米戰爭とソヴェト聯邦
  • 第一章 太平洋上における未來の戰爭
  • 第二章 太平洋上に於ける日米の海軍力
  • 第三章 戰略上より觀たる太平洋
  • 第四章 日米單獨决戰の場合の戰略的狀態
  • 第五章 太平洋に於ける外交的結合の軍事的意義
  • 第六章 日米戰爭と極東露領
  • 第七章 ワシントン會議の意義
  • 第八章 結論
  • 後序 日・英・米三國海軍の戰鬪力
  • 附錄 未來の海戰
  • ロンドン會議の結果
  • 批判 日米戰爭をかう觀る

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界第二大戦 : 太平洋攻防
著作者等 Bubnov, A. D.
Bubnov, Aleksandr Dmitrievich
Golovin, N. N.
Golovin, Nikolai Nikolaevich
石丸 藤太
ブブノフ
ゴロウイン
書名ヨミ セカイ ダイ2 タイセン : タイヘイヨウ コウボウ
出版元 万里閣書房
刊行年月 昭和5
ページ数 364p
大きさ 19cm
NCID BA36292295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47031779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想