北海道研究者のために

竹淵徳次 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一輯 拓殖篇 / 1
  • 第一 總論 / 1
  • 第二 拓殖變遷の歷史 / 2
  • 1 蝦夷時代 / 2
  • 2 開拓使時代 / 6
  • 3 道廰時代 / 9
  • 第三 結論 / 13
  • 「附」(札幌市の街頭に立ちて=長詩)
  • 第二輯 山水篇 / 17
  • 第一 總論 北海道巡覧の栞 / 17
  • 第二 各論 / 20
  • 一 津輕海峽の印象(長詩) / 20
  • 二 大沼公園 / 25
  • 三 神威岬 / 27
  • 四 大雪山 / 29
  • 五 層雲峽と神居古潭 / 30
  • 六 猿間湖 / 33
  • 七 狩勝の展望(長詩) / 34
  • 八 阿寒嶽並に阿寒湖 / 38
  • 九 雌阿寒案内記 / 39
  • 一〇 野付半島 / 43
  • 一一 蝦夷富士 / 45
  • 一二 北海道三溫泉 / 46
  • 「附錄」名所舊蹟番附
  • 第三輯 都市篇 / 49
  • 發端 / 49
  • 第一 札幌市 / 50
  • 「附」(札幌市郊外ポフラの並外一篇長篇)
  • 第二 旭川市 / 60
  • 第三 帶廣、釧路 / 61
  • 第四 室蘭市 / 62
  • 第五 小樽市 / 64
  • (長詩)
  • 第六 函館市 / 66
  • 結尾 北海道よさらば(長詩) / 68
  • 第四輯 アイヌ篇 / 73
  • 第一 總說 / 73
  • 第二 アイヌの戶口 / 78
  • 第三 生活狀態 / 83
  • (著者旅行記の一節)
  • 第四 アイヌの敎育 / 95
  • 第五 アイヌの宗敎 / 99
  • 第六 アイヌの傳說……五篇 / 102
  • 「附錄」北海道歌番附
  • 第五輯 人國篇 / 109
  • 第一 敎育 / 109
  • 第二 宗敎と拓殖との關係 / 112
  • 「特記」(由緖ある古刹國泰寺の昔語)
  • 第三 屯田兵制度と拓殖との關係 / 117
  • 第四 移民の散居制についての私見 / 120
  • 「附」都市計畫
  • 第六輯 開拓功勞者篇 / 123
  • 第一 札幌市 北海道帝大總長佐藤昌介 / 124
  • 第二 室蘭市 最上谷慶次郞 / 144
  • 第三 釧路市 豐島庄作 / 149
  • 第四 但知安町 關口茂平 / 151
  • 「附錄」開拓功勞者番附
  • 第七輯 論文篇 / 158
  • 第一 國民食糧の問題 / 158
  • 第二 食糧問題と北海道 / 167
  • 第三 人口論と移殖民政策について / 173
  • 第八輯 移住篇 / 181
  • 第一 移住の狀况 / 181
  • 第二 移住の成績 / 184
  • 第三 移民の境遇 / 189
  • 第四 北海道第二次拓殖計畫の成案 / 191
  • 卷跋寓言 / 195

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 北海道研究者のために
著作者等 竹淵 徳次
書名ヨミ ホッカイドウ ケンキュウシャ ノ タメニ
出版元 文化書房
刊行年月 昭和2
ページ数 202p
大きさ 19cm
NCID BA36726613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47020139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想