現代社会は何処へ行くか : 奴隷国家の復活

ヒレール・ベロック 著 ; 小林珍雄 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論
  • 本書の論題 / 1
  • 第一節
  • 定義 / 7
  • 第二節
  • 西歐文明は原始的には奴隷國家的文明であつた / 27
  • 第三節
  • 如何にして奴隷制度は、一時瓦解したか / 35
  • 第四節
  • 分産國家失敗の經路 / 49
  • 第五節
  • 資本主義國家は完成さるゝに從つて不安定になる / 69
  • 第六節
  • 此不安の安定策 / 83
  • 第七節
  • 社會主義は一見資本主義的難局の最容易なる打開策なるが如し / 89
  • 第八節
  • 改革者と被改革者とは共に奴隷國家に進んでゆく / 103
  • 附錄-資本沒收の代りに之を「買收」せんとする集產主義者の提議の空論なるを示す / 127
  • 第九節
  • 奴隷國家は既存の事實なり / 137
  • 結論 / 165

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代社会は何処へ行くか : 奴隷国家の復活
著作者等 Belloc, Hilaire
小林 珍雄
ヒレール・ベロック
書名ヨミ ゲンダイ シャカイ ワ ドコエ ユクカ : ドレイ コッカ ノ フッカツ
書名別名 The servile state

Gendai shakai wa dokoe yukuka
出版元 カトリック研究社
刊行年月 昭和5
ページ数 16, 168p 肖像
大きさ 19cm
NCID BA33365905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47030711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想