真淵宣長初対面の遺蹟「新上屋」

青瓢桜井祐吉 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文
  • 遺蹟地寫眞銅版
  • 第一章 文獻に現はれたる問題の旅宿『新上屋』
  • 第二章 從來の口碑傳說による新上屋と其の考證
  • 第三章 著者が新上屋の硏究と副產物
  • 松阪脇本陣の事
  • 第四章 偶然の機會より得たる新上屋の端緖
  • 奇しき因緣に繋がる發見の動機
  • 第五章 新上屋は町人ながら苗字を名乘る名家?
  • 敬神の念も厚く亦町內の有力者とも見らるゝ家柄
  • 新上屋の在りたる地點

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 真淵宣長初対面の遺蹟「新上屋」
著作者等 桜井 祐吉
青瓢桜井祐吉
書名ヨミ マブチ ノリナガ ショタイメン ノ イセキ シンジョウヤ
書名別名 Mabuchi norinaga shotaimen no iseki shinjoya
出版元 鈴屋遺蹟保存会
刊行年月 昭和3
ページ数 9丁
大きさ 24cm
全国書誌番号
47020858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想