仏教要義  巻中

竜谷大学 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第四編 各宗敎義
  • 第一章 俱舍敎義 / 1-56
  • 一 俱舍宗と共所依の典籍……有部の論書
  • 二 支那における俱舍宗……毘曇宗より俱舍宗へ……眞諦と玄奘……俱舍論の註疏……三大註家……日本における俱舍宗
  • 三 俱舍論著作の由來
  • 四 俱舍論の組織
  • 五 俱舍論の性質……我空法有……法の語義……萬有の法數……五位七十五法
  • 六 人間中心の所談……五位の關係
  • 七 色法……五根……勝義根と扶塵根……五境……四塵……根・境・識の關係
  • 八 極微……四大所造
  • 九 心王と心所……六識心王……意根……法境……諸識別起……心所有法……五義平等……六位の心所……三性の解釋……大地法……大善地法……大煩惱地法……大不善地法……小煩惱地法……不定地法
  • 一〇 身・語・意三業……無表色……無表色を立つる理由……業感緣起說
  • 一一 不相應法
  • 一二 有爲法……無爲法……有爲・無爲と有漏・無漏
  • 一三 三世實有法體恒有
  • 一四 三科……五蘊……受・想の別開……十二處……十八界……三科の開合表……三科の開合とその理由
  • 一五 惑・業・苦……本惑と隨惑……本惑の解釋……五見……迷理の惑と迷事の惑(見惑・修惑)……三界九地における二惑の總數
  • 一六 賢聖の位次……三賢……四善根……三道……四向・四果……阿羅漢の語義……聲聞・獨覺・菩薩……三乘修行の時間
  • 第二章 成實敎義 / 56-66
  • 一 成實宗の立場……訶梨跋摩とその綜合的學風
  • 二 支那における成實學者……日本における成實學者……成實論の註疏
  • 三 成實論の大小攝屬……分通大乘說
  • 四 成實論の組織……成實論の所明……人法二空……小乘の空と大乘の空
  • 五 實踐道法……法數の立不
  • 第三章 律敎義 / 67-92
  • 一 律宗の性質
  • 二 戒律の傳持……異世の五師……同世の五師
  • 三 戒本と廣律……支那に傳來せる四律……四分律宗の勃興……三派分立……南山宗の盛行……道宣……五大部
  • 四 日本への傳來……鑑眞の來朝……日本三戒壇
  • 五 四分律の組織……止持戒と作持戒……七佛通誡偈の趣旨
  • 六 比丘の本文解明……二百五十戒……波羅夷……僧殘……不定……捨墮……單提……提舍尼……衆學……滅諍……五篇門……比丘尼の本文解明……三百四十一戒……滅諍の有無
  • 七 具足戒……廣・中・略
  • 八 七衆とその受持の戒……優婆塞・優婆夷……性戒と遮戒……近住戒……沙彌・沙彌尼……式义摩那……比丘・比丘尼
  • 九 戒律受持の作法……戒體
  • 一〇 戒の大乘・小乘……三聚淨戒……分通大乘
  • 一一 敎相判釋……化敎・制敎
  • 第四章 法相敎義 / 92-155
  • 一 法相宗名の意義……性相の決擇……宗名の種類
  • 二 法相宗の源流……無著……瑜伽師地論……解深密經……世親……唯識論……護法……成唯識論
  • 三 支那の敎系……玄奘……慈恩………法相宗の開立……慧沼……智周……宗勢の衰亡
  • 四 日本の傳來……南北の系統……學解としての硏究
  • 五 敎相判釋……三時敎……初時有敎……第二時空敎……第三時中道敎……三時の次第
  • 六 萬有の法數……五位百法……法數排列の次第
  • 七 心王……本識と轉識……前五識……意識……五俱の意識と獨頭の意識……前五識と第六識との比較……末那識……末那の我執……有情流轉の第一原因……阿賴耶識……賴耶の三藏……賴耶緣起說……總報の果體……業感緣起と賴耶緣起……第七識と第八識との比較……八識の三性分別
  • 八 心所有法……四義平等……六位の心所……遍行……別境……善……煩惱……隨煩惱……不定
  • 九 色法……本質と影像……唯識頓變……法處所攝色
  • 一〇 不相應法
  • 一一 無爲法……眞如凝然不作諸法
  • 一二 心王中心
  • 一三 諸法唯識……四分……相分……見分……自證分……證自證分……四分の關係
  • 一四 因緣變と分別變……三類境……性境……獨影境……帶質境……三類境論の趣旨
  • 一五 三性・三無性……遍計所執性……依他起性……圓成實性……相無性……生無性……勝義無性……唯識中道
  • 一六 唯識の語義……唯識三性觀……五重唯識……遣虛存實識……捨濫留純識……攝末歸本識……隱劣顯勝識……遣相證性識……相唯識と性唯識
  • 一七 本有種子と新熏種子……有漏種子と無漏種子……五姓各別……三乘眞實一乘方便……五姓各別說の根據……頓悟の菩薩と漸悟の菩薩
  • 一八 煩惱障と所知障……分別起と俱生起
  • 一九 菩薩の階級……五位……資糧位……加行位……通達位……修習位……究竟位
  • 二〇 二轉依の妙果……涅槃……本來自性淸淨涅槃……有餘依涅槃……無餘依涅槃……無住處涅槃……菩提……四智心品……大圓鏡智……平等性智……妙觀察智……成所作智……佛身……佛土
  • 第五章 三論敎義 / 155-180
  • 一 三論宗名……中論……百論……十二門論……智度論……立敎開宗の名稱……本宗が論に據れる所以
  • 二 本宗の相承……龍樹……提婆……提婆以後……古三論と新三論……羅什の本宗傅來……吉藏……日本傅來
  • 三 本宗が判敎を立てざる理由……等・勝・劣の說……二藏・三轉法輪の說……新三論の判敎
  • 四 中論の綱領……破邪顯正……餘宗と本宗との破邪顯正の相違
  • 五 眞俗二諦……本宗の二諦の特色……約理の二諦と約敎の二諦……四重二諦
  • 六 八不中道
  • 七 佛果の開覺の時節……念劫融會

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 仏教要義
著作者等 竜谷大学
龍谷大学
書名ヨミ ブッキョウ ヨウギ
書名別名 Bukkyo yogi
巻冊次 巻中
出版元 竜谷大学出版部
刊行年月 昭和3-6
ページ数 2冊
大きさ 23cm
NCID BA62218347
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47019066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想