大トルストーイ伝  第3巻

ビリユーコフ 著 ; 原久一郎 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 原著者の序 / 1
  • 引用及び參考書目(但し第一、第二卷既載のものを除く)
  • 第一編 哲學的基礎の確定と實生活への應用(自千八百八十七年 至千八百九十一年) / 1
  • 第一章 『人生論』。新らしい訪問者達。書簡。(千八百八十七年) / 2
  • 第二章 ヤースナヤ・バリャーナの勞働。莫斯科にて。新らしく出來た親友達(千八百八十八年) / 51
  • 第三章 新らしい第一步。罪業證示の聲。クロイツェル・ソナタ(千八百八十九年) / 91
  • 第四章 土地共產組合(自千八百八十八年至千八百九十一年) / 136
  • 第五章 オプチナ修道院。眞理とは何ぞ。祈り(千入百九十年) / 158
  • 第六章 家庭に於て。客人達。文學上の權利の拒絕(千八百九十一年) / 211
  • 第二編 饑饉。神の王國(自千八百九十一年至千八百九十四年) / 251
  • 第七章 飢ゑたる人々のたゞ中に於けるレフ・トルストーイの活動の始まり(千八百九十一年) / 252
  • 第八章 飢ゑたる人々のたゞ中に於けるレフ・トルストーイの活動の續き(千八百九十二年) / 291
  • 第九章 二度目の饑饉の冬。神の王國(自千八百九十二年至千八百九十三年) / 350
  • 第十章 飢ゑたる農民救濟事業の終結。莫斯科に於ける『仲裁者』の消長(千八百九十三年) / 378
  • 第十一章 ヒルコーフ。ドゥロッジン。磔刑 / 430
  • 第三編 聖靈否定の異端者達。復活(自千八百九十五年至千八百九十九年) / 477
  • 第十二章 ワーニャの死。主人と下僕。聖靈否定の異端者達(千八百九十五年) / 478
  • 第十三章 三つの死。殖民。我等の追放(千八百九十六年) / 523
  • 第十四章 モロカン。藝術とは何ぞや?(千八百九十七年) / 572
  • 第十五章 聖靈否定の異端者達。再び饑饉の襲來。基督の敎へ(千八百九十八年) / 621
  • 第十六章 ヘーグ會議。復活(千八百九十九年) / 657
  • 人名索引 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大トルストーイ伝
著作者等 Biriukov, Pavel Ivanovich
原 久一郎
Biri︠u︡kovʺ Pavel Ivanovich
ビリユーコフ
書名ヨミ ダイ トルストーイ デン
巻冊次 第3巻
出版元 新潮社
刊行年月 昭和2-3
ページ数 2冊
大きさ 23cm
NCID BA3263776X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47031409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想