ある外科医の覚書

高見博 著

著者が内分泌外科医という現職を選ぶまでの経緯、専門とする甲状腺・副甲状腺に関する話、生い立ちから医師となるまで、教授就任一五周年を数えた二〇〇六年、自費出版した記念誌「進化を求めて」に収めた随筆を中心に構成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 内分泌外科医への道(内分泌外科医としての経歴
  • 帝京大学内分泌外科の沿革と診療の現状・理念 ほか)
  • 第2章 甲状腺・副甲状腺について考える(甲状腺・副甲状腺とその病気
  • 甲状腺の病気 ほか)
  • 第3章 外科医になるまで(幼少の頃
  • 逆上がりのできなかった小学生時代 ほか)
  • 第4章 医師として、人間として(医師と医療と
  • 心のままに)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ある外科医の覚書
著作者等 高見 博
書名ヨミ アル ゲカイ ノ オボエガキ
書名別名 Aru gekai no oboegaki
シリーズ名 Yuhisha best doctor series
Yuhisha hot-nonfiction
出版元 悠飛社
刊行年月 2009.6
ページ数 189p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86030-131-6
NCID BA91432985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21708498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想