カラヴァッジョ巡礼

宮下規久朗 著

17世紀初頭のローマで、一世を風靡したバロック絵画の巨匠カラヴァッジョ。斬新な明暗法を駆使した写実的かつ幻視的な作品は常に賛否両論を巻き起こし、さらには生来の激しい気性から殺人を犯し、逃亡生活を余儀なくされる。聖なる画家にして非道な犯罪者。その光と闇に包まれた生涯を辿りつつ、現地に遺された作品を追って旅する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 聖と俗のはざまで
  • 01 生誕の地ロンバルディア
  • 02 豊穣のローマ
  • 03 南への逃亡
  • 04 シチリア放浪から、死出の旅へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カラヴァッジョ巡礼
著作者等 宮下 規久朗
書名ヨミ カラヴァッジョ ジュンレイ
書名別名 Karavajjo junrei
シリーズ名 とんぼの本
出版元 新潮社
刊行年月 2010.1
ページ数 127p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-10-602200-5
NCID BB00889147
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21707668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想