名護屋城秘史

名古屋宇太郎 等著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 太閤の雄圖 / 9
  • 國亂れて偉人見はる
  • 外征の雄謨
  • 隣交破裂 / 12
  • 修好破る
  • 朝鮮の國書
  • 秀吉の答書
  • 出師準備 / 15
  • 外征の決策
  • 外征軍の配置(一、名護屋在陣の軍勢二、朝鮮渡海の軍勢)
  • 兵船水手の用意及び軍役定(一、大船水手用意の事二、軍役定めの事)
  • 準備略々成る
  • 名護屋城造營 / 34
  • 名護屋の地名考
  • 名護屋の位置
  • 地勢
  • 名護屋築城
  • 本城の特徵
  • 天守閤
  • 東出丸
  • 搦手門
  • 寄石
  • 韮の實の傳說
  • 結構(本丸、二ノ丸、三ノ丸、山里丸、山里局、遊擊曲輪、彈正曲輪、水ノ手曲輪、腰曲輪、城廓の周圍、城門、)
  • 名護屋陣營の配置 / 51
  • 名護屋配陣
  • 在陣當時の名護屋 / 63
  • 當時の名護屋
  • 諸侯陣營の諸說
  • 當時の水
  • 當時の交通
  • 飛脚みち
  • 當時の寺院
  • 安樂寺緣起
  • 退陣後の名護屋 / 74
  • 寺澤廣高の賜予
  • 城跡の警備
  • 史蹟指定
  • 秀吉及び諸軍の名護屋入城 / 80
  • 秀吉の名護屋入城
  • 諸軍名護屋に入城す
  • 文祿前役 / 84
  • 征艦の解纜と其の地點
  • 第一軍
  • 第二軍
  • 第三軍
  • 京城占領
  • 增援軍
  • 各軍道を分ちて進剿席捲す
  • 海軍
  • 名護屋本營 / 93
  • 大政所病む
  • 名護屋留守陣
  • 秀吉歸洛
  • 名護屋陣中の閑日月 / 114
  • 芝居
  • お道化
  • 名護屋浦の鯛網
  • 築山
  • 太閤歸洛 / 125
  • 秀賴の出生
  • 名護屋條約 / 126
  • 和議及び其前後の戰局
  • 明媾和使名護屋に到る
  • 太閤唐使の爲に名護屋浦船遊の事
  • 山里の茶會
  • 名護屋條約
  • 慶長後役 / 141
  • 和議成らず
  • 大星猝に隕つ
  • 其一 年表 / 146
  • 其二 豐臣氏系譜及名護屋陣前後の諸大名 / 155
  • 其三 天守臺上よりの眺望 / 181
  • 城〓の名所古蹟(A)
  • 海上の展望(B)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 名護屋城秘史
著作者等 名古屋 宇太郎
名古屋 經一
書名ヨミ ナゴヤジョウ ヒシ
書名別名 Nagoyajo hishi
出版元 名護屋城阯研究会
刊行年月 昭和5
ページ数 231p
大きさ 20cm
NCID BA30297004
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47013163
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想