鉄道運賃論

高橋秀雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論
  • 第一章 企業 / 1
  • 第一節 企業の意義 / 1
  • 第二節 企業の種類 / 7
  • 第三節 企業に對する國家の政策 / 12
  • 第二章 鐵道運送槪論 / 15
  • 第一節 鐵道運送の意義 / 15
  • 第二節 鐵道運送の特色 / 19
  • 第三節 交通の原因と其の將來 / 29
  • 第四節 我が國の鐵道事業 / 33
  • 第三章 鐵道政策 / 35
  • 第一節 國有私有論 / 35
  • 第二節 鐵道に對する國家の干涉 / 51
  • 第四章 鐵道經營の主義 / 59
  • 第一節 總論 / 59
  • 第二節 各論 / 65
  • 本論
  • 第五章 運賃の意義 / 69
  • 第六章 運賃の決定槪論 / 77
  • 第一節 總論 / 77
  • 第二節 運賃理論上に於ける學說の變遷 / 82
  • 第三節 合理的なる鐵道運賃 / 88
  • 第四節 鐵道運賃の分配的機能 / 106
  • 第五節 鐵道賃率決定方法の民衆化 / 113
  • 第七章 實質上の私有鐵道に於ける運賃の構成 / 136
  • 第一節 生産費 / 136
  • 第二節 運送の價値 / 232
  • 第三節 交運需要と鐵道賃率 / 261
  • 第八章 形式上の國有鐵道の場合に於ける運賃の構成 / 274
  • 第九章 實質上の國有鐵道及形式上の私有鐵道の場合に於ける運賃の構成 / 276
  • 第十章 賃率の形態 / 278
  • 第一節 總論 / 278
  • 第二節 貨客の分類(等級) / 286
  • 第三節 賃率表の作成 / 350
  • 第四節 運賃の種類 / 386
  • 第五節 特別貨率 / 388
  • 第十一章 貴重品及獸類に關する增賃金制度 / 415
  • 第一節 總論 / 415
  • 第二節 運送人の責任 / 416
  • 第三節 貴重品に關する制度 / 422
  • 第四節 獸類に關する制度 / 432
  • 第十二章 我が國有鐵道に於ける現行運賃及料金制度 / 438
  • 第一節 旅客運賃及料金 / 439
  • 第二節 手小荷物運賃及料金 / 473
  • 第三節 貨物運賃及料金 / 516
  • 附錄
  • 鐵道運賃制度の沿革 / 649
  • 第一節 旅客運賃關係の沿革 / 654
  • 第二節 手小荷物運賃の沿革 / 678
  • 第三節 貨物運賃の沿革 / 685

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鉄道運賃論
著作者等 高橋 秀雄
書名ヨミ テツドウ ウンチン ロン
書名別名 Tetsudo unchin ron
出版元 鉄道研究社
刊行年月 昭和3
ページ数 721p
大きさ 20cm
NCID BN08760535
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47010122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想