交通経済論

小島昌太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 交通の意義
  • 一 交通の第一義 / 1
  • 二 交通の第二義 / 6
  • 三 獨逸學者の說明 / 13
  • 第二章 交通經濟論の内容
  • 一 交通經濟論の問題 / 31
  • 二 交通經濟論の地位 / 37
  • 三 交通經濟論の構成 / 40
  • 第三章 交通及交通機關の種類
  • 一 交通の種類 / 49
  • 二 交通機關の種類 / 55
  • 第四章 交通及交通機關の發達
  • 一 交通發達の意義 / 59
  • 二 交通機關發達の要件 / 64
  • 三 交通機關發達の傾向 / 72
  • 第五章 交通及交通機關發達の效果
  • 一 交通及交通機關と社會竝びに經濟との關係 / 77
  • 二 交通及交通機關の發達が社會に及ぼす影響 / 80
  • 三 交通及交通機關の發達が經濟に及ぼす影響 / 84
  • 第六章 交通事業の經營主體
  • 一 交通事業の公營と私營 / 101
  • 二 交通路の所有關係より見たる考察 / 104
  • 三 交通事業の運營より見たる考察 / 108
  • 四 交通機關の發達より見たる考察 / 114
  • 五 建設資本の調達より見たる考察 / 123
  • 六 獨占事業たる性質より見たる考察 / 136
  • 第七章 交通事業に於ける競爭
  • 一 種類を異にする交通事業に於ける競爭 / 141
  • 二 種類を同じくする交通事業に於ける競爭 / 146
  • 三 巨額の資本を固定する交通事業に於ける競爭 / 153
  • 第八章 交通事業に於ける獨占
  • 一 獨占の意義と種類 / 163
  • 二 獨占を獲得する經營形態 / 167
  • 三 經營形態の組織力によりて獲得する獨占 / 177
  • 四 交通事業に於ける營業同盟 / 181
  • 五 交通事業に於けるプール / 190
  • 第九章 交通事業に於ける經費
  • 一 孤立的なる交通勞務と組織的なる交通勞務 / 201
  • 二 交通勞務の經費分類 / 205
  • 三 交通事業に於ける經費の項目 / 213
  • 第十章 交通勞務の對價
  • 一 交通勞務の對價の種類 / 231
  • 二 表定料金の意義 / 238
  • 三 表定料金の成立 / 241
  • 四 表定料金の效果 / 247
  • 五 表定料金の原則 / 256

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 交通経済論
著作者等 小島 昌太郎
書名ヨミ コウツウ ケイザイロン
書名別名 Kotsu keizairon
出版元 日本評論社
刊行年月 昭和5
ページ数 263p
大きさ 22cm
NCID BN11321362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47003351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想