新聞気焔

伊藤金次郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 新聞氣焔 / 1
  • 大地を踏むもの / 1
  • 新聞の「英雄」時代 / 9
  • 指導的謬想の追放 / 13
  • 硬派軟派の因襲的感覺 / 18
  • 新聞の煩悶時代 / 21
  • 報導記者の惱み / 25
  • 專制治下の新聞記者 / 28
  • あちらの話 / 34
  • 二 珍文章規範 / 40
  • 新聞「珍文集」 / 40
  • 三 新聞人とその個性 / 51
  • 知名記者の出ないわけ / 51
  • 失はれんとする個々の妙技 / 54
  • 「筆の男」を見る / 57
  • 四 與太ものがたり / 63
  • 火あつて煙あり / 63
  • 火なくとも煙あり / 67
  • 五 地方から中央へ / 72
  • 類似品なきものは尊し / 72
  • 中央へ志す焦燥 / 74
  • 年齡に支配される場合 / 78
  • 新聞と飛行機 / 83
  • 六 新聞戰と戰國英雄の例へ話 / 89
  • 距離の短縮、ニユースの接近 / 89
  • 中央紙の北海進出如何 / 92
  • 新聞戰と戰國英雄 / 95
  • 人文の移動と新聞販路 / 100
  • 新聞の「るつぼ」 / 103
  • 七 新聞文章の槪念 / 110
  • 讀者と語る境地 / 110
  • 僕と宇野浩二 / 119
  • 八 新聞記者としての原敬氏 / 124
  • 九 原首相の死 / 129
  • 一〇 政府を敵として / 172
  • 新聞が第三者の立場を離るゝ場合 / 172
  • 二 新聞入社地獄(上) / 181
  • 社會的認識への進出 / 181
  • 學校別に現はれた變遷 / 184
  • 試驗科目の内容 / 187
  • 文章を盜まれた話 / 190
  • 文字を尊重したい / 195
  • 一二 新聞入社地獄(下) / 197
  • 豫選せられた人々 / 197
  • 試驗科目のいろ[イロ] / 198
  • 原稿に採點して / 201
  • 受驗生へ一言 / 204
  • 東京日日の試驗課題 / 206
  • 私の隨筆
  • 一 素描「後藤新平」 / 211
  • 二 「普選」の創生 / 216
  • 三 ケマル・パシヤ / 222
  • 四 ルツソウの沈默 / 233
  • 五 小品十篇 / 238
  • カレンダー / 238
  • 夕霧太夫 / 241
  • ある日の田中 / 245
  • 澤正 / 249
  • 人間の熔ける話 / 253
  • 有島農園 / 261
  • 熊を飼ふ家 / 266
  • 監獄部屋を脫出した男 / 272
  • 歡樂境 / 278
  • 忍苦の使徒 / 284

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新聞気焔
著作者等 伊藤 金次郎
書名ヨミ シンブン キエン
出版元 刀江書院
刊行年月 昭和4
ページ数 291p
大きさ 19cm
NCID BN08912451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47003299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想