尺度綜攷

藤田元春 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 本書の要項
  • 參考書目
  • 第一篇 尺度考
  • 第一 序說 / 3
  • 第二 度の起原(周の古尺) / 8
  • 第三 周尺 / 29
  • 第四 住吉尺(九寸の尺) / 38
  • 第五 唐大尺 / 43
  • 第六 長尺(高麗尺、鯨尺、布尺) / 53
  • 第七 尺の延びた理由 / 82
  • 第二篇 里程考
  • 第一 里と地圖 / 99
  • 第二 漢唐の里程(一度二白五十里) / 119
  • 第三 宿驛と里制 / 131
  • 第四 日本の里程 / 140
  • イ 五町の一里 / 140
  • ロ 六町の一里 / 145
  • ハ 三十六町の一里 / 153
  • 第五 朝鮮の里程 / 157
  • 第六 里の標準と其延長する理由 / 161
  • 第三篇 地割考
  • 第一 井田之法 / 177
  • イ 序說 / 177
  • ロ 漢書の井田說 / 179
  • ハ 孟子の井田と貢、助、徹 / 186
  • ニ 周禮の井田 / 196
  • ホ 井田の行否と其後 / 211
  • ヘ 井田から代田への變遷 / 226
  • 第二 代田の法 / 234
  • 第三 箕子の井田 / 245
  • 第四 朝鮮の田制 / 262
  • 第五 我國の田制 / 270
  • イ 代 / 270
  • ロ 町、段、畝、步 / 283
  • 第六 條里と圖籍 / 307
  • 第七 大和の條里 / 332
  • 第八 條里の影響と近世の地割 / 350
  • 第四篇 都城考
  • 第一 支那に於ける都城の發達 / 367
  • イ 周官の都城(洛陽の地割) / 367
  • ロ 漢の長安京 / 378
  • ハ 漢魏の洛陽城 / 380
  • ニ 唐の長安城 / 381
  • ホ 北平及其他の縣城槪說 / 384
  • 第二 我國都城の發達 / 390
  • イ 序說 / 390
  • ロ 王城としての京都 / 393
  • ハ 東京の町割 / 403
  • ニ 名古屋及神戶の地割 / 411
  • ホ 大阪の過去 / 417
  • ヘ 四天王寺と法隆寺の地割の差 / 426
  • ト 大阪の都城計畫 / 455
  • 第三 慶州の遺蹟 / 469
  • 第四 慶州城址の見聞記 / 491
  • 第五 古代東洋の都市と近世の都城計畫 / 501

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 尺度綜攷
著作者等 藤田 元春
書名ヨミ シャクド ソウコウ
書名別名 Shakudo soko
出版元 刀江書院
刊行年月 昭和4
ページ数 511p
大きさ 23cm
全国書誌番号
47000060
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想