世界宗教史

比屋根安定 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第壹部 世界宗敎史の序論 / 1-86
  • 第一篇 一般宗敎に關する槪論 / 1-48
  • 第一章 宗敎の定義 宗敎に下した心理學的解釋 / 1
  • 第二章 宗敎の本質 宗敎と哲學と神話との關係 / 15
  • 第三章 宗敎の歷史的硏究に伴ふ心理學的硏究 / 24
  • 第四章 宗敎起原に關する心理學的考察 / 38
  • 第二篇 宗敎史に關する槪論 / 49-86
  • 第一章 宗敎史研究の發生および過程 / 49
  • 第二章 近代における宗敎史研究の諸相 / 57
  • 第三章 宗敎の分類および諸相 / 68
  • 第四章 宗敎および文化 宗敎史の本質 / 78
  • 第貳部 原始宗敎の諸相 / 87-193
  • 第一篇 原始宗敎の槪論 / 87-130
  • 第一章 原始宗敎の硏究に關する歷史的考察 / 87
  • 第二章 宗敎意識の發生と社會との關係 / 97
  • 第三章 原始種族の心理に映じたる靈魂 / 110
  • 第四章 呪術の諸相 呪術師の職務 / 122
  • 第二篇 原始宗敎の儀式及び崇拜の諸相 / 131-165
  • 第一章 原始人の修する儀式一般 / 131
  • 第二章 天然崇拜の諸形態 / 139
  • 第三章 タブウ及びトオテム崇拜 / 149
  • 第四章 崇拜の對象としての人間及び庶物 / 158
  • 第三篇 原始宗敎の文化的現象 / 167-193
  • 第一章 祭儀制度の組織および其の社會的影響 / 167
  • 第二章 神話の本質及びその分類 / 174
  • 第三章 原始宗敎における道德及び藝術 種族的宗敎より國民的宗敎へ / 183
  • 第參部 各未開種族の宗敎 / 195-331
  • 第一篇 アフリカ種族の宗敎 / 195-226
  • 第一章 アフリカの種族及び宗敎槪論 / 195
  • 第二章 バンツウ種族の宗敎諸相 / 203
  • 第三章 ネグロ種族の宗敎諸相 / 212
  • 第四章 アフリカの宗敎に關する參考文獻 / 222
  • 第二篇 南北アメリカ土着諸種族の宗敎 / 227-274
  • 第一章 南北アメリカ土着諸種族 宗敎意識の發達 / 227
  • 第二章 極北のエスキモオ種族及びアレウト種族の宗敎 / 235
  • 第三章 北アメリカ土着諸種族の宗敎 / 242
  • 第四章 中央アメリカのメキシコ種族の宗敎 / 252
  • 第五章 南アメリカ土着諸種族の宗敎 / 260
  • 第六章 南北アメリカの宗敎に關する參考交獻 / 269
  • 第三篇 太平洋諸島諸種族の宗敎 / 275-303
  • 第一章 ポリネシヤ諸島の宗敎 / 275
  • 第二章 インドネシヤ諸島の宗敎 / 282
  • 第三章 メラネシヤ諸島の宗敎 / 290
  • 第四章 太平洋諸島の宗敎に關する參考文獻 / 298
  • 第四篇 シベリヤ諸種族の宗敎 / 305-331
  • 第一章 シベリヤ種族考 宗敎槪論 / 305
  • 第二章 シャアマン敎(一) / 312
  • 第三章 シャアマン敎(二) / 321
  • 第四章 シベリヤの宗敎に關する參考文獻 / 329
  • 第肆部 原史時代の國民的宗敎 / 333-410
  • 第一篇 バビロニヤ及びアッシリヤの宗敎 / 333-372
  • 第一章 文化および宗敎史の槪說 / 333
  • 第二章 バビロニヤ諸神考 / 342
  • 第三章 神話の諸相 來世の觀念 / 351
  • 第四章 神殿 祭司 祭儀 呪術 卜占 / 359
  • 第五章 バゼロニヤ及びアツシリヤの宗敎に關する參考文獻 / 368
  • 第二篇 エジプトの宗敎 / 373-410
  • 第一章 エジプト國史略 宗敎の時代的變遷 / 373
  • 第二章 エジプト諸神考 / 381
  • 第三章 神殿 祭司 祭儀 神話 / 390
  • 第四章 死と來世とに關する信念 / 399
  • 第五章 エジプトの宗敎に關する參考文獻 / 407
  • 第伍部 ギリシヤ及びロオマの宗敎 / 411-511
  • 第一篇 ギリシヤの宗敎 / 411-461
  • 第一章 ギリシヤ宗敎史略 諸神考 / 411
  • 第二章 來世觀念と祭儀制度と / 422
  • 第三章 密儀宗敎の諸相 / 429
  • 第四章 ギリシヤ文學の宗敎思想 / 437
  • 第五章 ギリシヤ哲學の宗敎思想 / 445
  • 第六章 ギリシヤの宗敎に關する參考文獻 / 455
  • 第二篇 ロオマの宗敎 / 463-511
  • 第一章 諸神考 初代の宗敎諸相 / 463
  • 第二章 國家的宗敎および密儀宗敎 / 474
  • 第三章 ロオマ哲學の宗敎思想 / 483
  • 第四章 ミトラ敎 マニ敎 グノオシス敎 / 494
  • 第五章 ロオマの宗敎に關する參考文獻 / 506
  • 第陸部 原史時代の民族的宗敎 / 513-574
  • 第一篇 セム系統民族の宗敎 / 513-537
  • 第一章 カナン民族の宗敎 / 513
  • 第二章 カナン民族の宗敎に關する參考文獻 / 524
  • 第三章 フェニキヤ民族の宗敎 / 525
  • 第四章 フェニキヤの宗敎に關する參考文獻 / 535
  • 第二篇 アアルヤ系統民族の宗敎 / 539-574
  • 第一章 ケルト民族の宗敎 / 539
  • 第二章 ケルト民族の宗敎に關する參考文獻 / 549
  • 第三章 テュウトン民族の宗敎 / 553
  • 第四章 テュウトン民族の宗敎に關する參考文獻 / 563
  • 第五章 スラヴ民族の宗敎 / 566
  • 第六章 スラヴ民族の宗敎に關する參考文獻 / 573
  • 第漆部 アラビヤの宗敎 / 575-632
  • 第一篇 モハメッド敎 / 575-612
  • 第一章 原始宗敎考 モハメッドの生涯 / 575
  • 第二章 モハメッドの敎說 祭儀及び聖典 / 583
  • 第三章 カリフの三系統 四敎派の分立 / 592
  • 第四章 アラビヤの宗敎哲學 モハメッド敎の神學 / 599
  • 第五章 モハメッド敎に關する參考文獻 / 607
  • 第二篇 スウフィイ敎 / 613-632
  • 第一章 スウフィイ敎の起原及び歷史的發達 / 613
  • 第二章 敎義、敎團および宗敎詩 / 621
  • 第三章 スウフィイ敎に關する參考文獻 / 630
  • 第捌部 ペルシヤの宗敎 / 633-687
  • 第一篇 ゾロアスタアの宗敎 / 633-669
  • 第一章 宗敎的特徵『ゼンダアヱ゛スタ』 / 633
  • 第二章 ゾロアスタアの生涯および敎說 / 640
  • 第三章 諸神考 敎義および祭儀 / 647
  • 第四章 宗敎的發達 他宗敎への影響 / 658
  • 第五章 ゾロアスタア敎に關する參考文獻 / 666
  • 第二篇 バハイ敎 / 671-687
  • 第一章 バハイ敎の起原 歷史的發達 / 671
  • 第二章 主要なる敎義 バハイ敎徒の著作 / 680
  • 第三章 バハイ敎に關する參考文獻 / 685
  • 第玖部 印度の宗敎 / 689-772
  • 第一篇 佛敎以前の印度宗敎 / 689-741
  • 第一章 宗敎史略 民族および地文 / 689
  • 第二章 吠陀諸神考 祭儀および來世觀 / 696
  • 第三章 『梵書』および『優婆尼沙土』の宗敎 / 705
  • 第四章 六派哲學の宗敎思想 / 714
  • 第五章 婆羅門敎の實際的方面 耆那敎 / 725
  • 第六章 佛敎以前の印度宗敎に關する參考文獻 / 736
  • 第二篇 佛敎以後の印度宗敎 / 743-772
  • 第一章 敎義的方面 濕婆と毘濕笯と / 743
  • 第二章 制度的方面 來世觀 / 751
  • 第三章 近代の宗敎運動 兩サマアジ / 758
  • 第四章 佛敎以後の印度宗敎に關する參考文獻 / 768
  • 第拾部 ユダヤの宗敎 / 773-848
  • 第一篇 キリスト敎以前のユダヤ敎 / 773-818
  • 第一章 ヤアヱエ崇拜 南北兩朝の分裂まで / 773
  • 第二章 預言者の宗敎 エルサレムの陷落 / 782
  • 第三章 バビロニヤ捕囚及びペルシヤ時代 / 792
  • 第四章 ギリシヤ時代 マッカビイ時代 / 802
  • 第五章 キリスト敎以前のユダヤ敎に關する參考文獻 / 812
  • 第二篇 キリスト敎以後のユダヤ敎 / 819-848
  • 第一章 西曆初期の狀態 キリスト敎との對照 / 819
  • 第二章 中世紀の宗敎思想 マイモニデス / 828
  • 第三章 近代の宗敎思想 シオン運動 / 838
  • 第四章 キリスト敎以後のユダヤ敎に關する參考文獻 / 845
  • 第拾壹部 支那の宗敎 / 849-952
  • 第一篇 支那內地の宗敎 / 849-929
  • 第一章 古代の自然崇拜 祭祀の制度 / 849
  • 第二章 陰陽五行說 儒道二祖の宗敎思想 / 857
  • 第三章 讖緯學及び神仙說 道敎の大要 / 866
  • 第四章 佛敎の傳來 佛敎と道敎との交涉 / 877
  • 第五章 唐時代の道敎 佛敎 景敎 / 887
  • 第六章 宋元の道敎 佛敎 キリスト敎 / 901
  • 第七章 明淸時代の諸宗敎 / 909
  • 第八章 支那內地の宗敎に關する參考文獻 / 921
  • 第二篇 西藏の宗敎 / 931-952
  • 第一章 西藏の俗信 ボン敎大意 / 931
  • 第二章 喇嘛敎の起原 紅黃二派 / 941
  • 第三章 西藏の宗敎に關する參考文獻 / 951

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界宗教史
著作者等 比屋根 安定
書名ヨミ セカイ シュウキョウシ
書名別名 Sekai shukyoshi
出版元 三陽書院
刊行年月 昭和9
版表示 5版
ページ数 1243p
大きさ 22cm
NCID BN10808576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47004981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想