国語国文の研究

吉沢義則 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 本邦音符考 / 1
  • 一 濁音符 / 1
  • 二 半濁音符 / 6
  • 三 促音符 / 12
  • 四 長音符 / 17
  • 五 反覆音符 / 22
  • 猿樂の狂言の用語 / 25
  • 猿樂と田樂との關係 / 55
  • 「ソウロウ」と「サムロウ」 / 69
  • 雅俗語識別の時期 / 81
  • 國語瑣言 / 89
  • 「用」の活用 / 89
  • 謠曲の發音法 / 94
  • 觀世元淸の假名遣 / 96
  • 藤原敎長著古今集註 / 101
  • 大唐三藏玄奘法師表啓の訓點 / 117
  • 王朝時代に於ける「かも」 / 135
  • 眞言宗の乎古止點 / 147
  • 法隆寺本明衡徃來 / 159
  • 萬葉集に用ひられたる助詞ユリ、ユ、ヨリ、ヨについて / 165
  • 『音圖及手習詞歌考』を讀む / 181
  • 一 五十音圖考に就いて / 182
  • 二 手習詞考に就いて / 187
  • 尚書及び日本書紀古鈔本に加へられたる乎古止點に就きて / 193
  • 乎古止點槪要 / 193
  • 岩崎文庫所藏尚書及び日本書紀の乎古止點 / 212
  • 博士家點史上の岩崎本尚書及び日本書紀の點 / 224
  • 京都に於ける書紀編纂千二百年記念陳列の日本書紀古鈔本に就きて / 241
  • 私藏義門上人の書簡 / 253
  • 和漢書の裝潢に就いて / 261
  • 見るにしたがひて / 287
  • 狹衣文談 / 287
  • 新古今集古鈔本 / 288
  • 百論 / 293
  • 王朝時代の手習に就いて / 299
  • 鎌倉時代の源氏物語 / 311
  • 定家の假名遣 / 325
  • 大阪印刷文化展覽會に於ける歷史的參考部陳列品に就いて / 347
  • 親鸞上人の寫語法 / 371
  • 一 分別書法 / 374
  • 二 假名遣 / 379
  • 萬葉集より古今集へ / 385
  • 敎行信證の訓點は坂東語か / 403
  • 大覺寺持明院兩統を背景としたる和歌の論諍 / 413
  • 香川景樹の「しらべ」に就いて / 435
  • 壬生狂言源流考 / 447
  • 萬葉集の短歌 / 465
  • 本願寺本敎行信證點注の筆者に就いて / 477
  • 總說 / 477
  • 各論 / 483
  • 結語 / 526
  • 藤原俊成の識見 / 531
  • 尾張名古屋方言で書かれた洒落本と中本とを紹介して / 539
  • 『新花摘』刊行年月並文言訂正に就いて / 547

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国語国文の研究
著作者等 吉沢 義則
書名ヨミ コクゴ コクブン ノ ケンキュウ
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和2
ページ数 550p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
46087138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想