新物理の散歩道  第4集

ロゲルギスト 著

浦島太郎が龍宮で過ごした日々はじつは数百年だったというが、熊のひと冬の眠りも彼らには一晩かもしれない。そのような時間の感覚の話題に始まって、人それぞれに異なる色彩の感覚に普遍的なものさしはあるのかを考える「測定談義」。その議論は実験や物理学のセンスへの思いがけないほどの深みにまで思考を誘う!ほかに、模型飛行機の動力用ゴムにできるコブはゴムの相変化で潜熱現象に似ている、上りは階段・下りは坂道が体力的に楽だなど、予想外の指摘と考察が楽しい。刺激的な発見に立ち止まり、思わずイメージがふくらみ始めたら、物理の散歩道はもっとずっと楽しくなる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ミカンの網袋はどうしてつくられたか
  • ゴムひもエンジンの瘤
  • 階段考
  • 線と点
  • スキー・ジャンプの力学
  • 文科と理科
  • ○×テスト-その弊害と背景
  • 日本語は変わりつつある
  • 発想能力の裏にひそむもの
  • 覆水盆に返らず
  • 測定談義
  • 裏を見て表を知る
  • 列を乱すのは誰か?
  • 原因と結果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新物理の散歩道
著作者等 ロゲルギスト
書名ヨミ シン ブツリ ノ サンポミチ
シリーズ名 Math & science ロ6-4
ちくま学芸文庫 ロ6-4
巻冊次 第4集
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.12
ページ数 238p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09234-2
NCID BA89980048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21702885
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想