CO2削減はどこまで可能か : 温暖化ガス-25%の検証

茅陽一 監修

中期目標の実行可能性を理解するために。日本エネルギー経済研究所、地球環境産業技術研究機構、慶應義塾大学産業研究所、3者がそれぞれの分析ツールと結果内容の詳細を点検・評価。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論-温室効果ガス削減目標について考える(目標の枠組みと満たすべき条件
  • 温暖化安定化目標の不確定性
  • 温度上昇2度以内の提案
  • 世界の長期目標-2050年目標
  • 先進国の2050年目標
  • 先進国とわが国の2020年目標
  • 本書研究の性格ととりまとめの方向)
  • 第2章 世界モデルによる国際的公平性と長期目標との関係に関する評価(世界モデルのフレームワークと前提条件
  • 国際的な公平性
  • 長期目標との関係)
  • 第3章 国内の具体的な対策(中期目標の考え方
  • 分析のフレームワーク
  • 部門別の対策)
  • 第4章 地球温暖化対策の経済評価(経済モデルの役割と構造
  • 国内対策による経済評価
  • 海外クレジット利用を組み合わせた評価)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 CO2削減はどこまで可能か : 温暖化ガス-25%の検証
著作者等 茅 陽一
書名ヨミ CO2 サクゲン ワ ドコマデ カノウ カ : オンダンカ ガス - 25% ノ ケンショウ
シリーズ名 慶應義塾大学産業研究所選書
出版元 エネルギーフォーラム
刊行年月 2009.12
ページ数 283p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88555-369-1
NCID BB00633562
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21704476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想