坐禅のすゝめ

原田祖岳 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 禪の本領 / 1-8
  • 正傳の禪 / 1
  • 禪は佛法の總府 / 2
  • 佛性の體現 / 3
  • 禪と日常生活 / 6
  • 理想の生活 / 8
  • 參禪の目的 / 9-19
  • 曹洞綿密の宗風 / 9
  • 悟道明心と高祖大師の御見解 / 10
  • 參禪上の要心 / 16
  • 眞の坐禪 / 18
  • 參禪の要旨 / 20-27
  • 大活現成の道 / 20
  • 悟道と時節因緣 / 21
  • 自受用三昧 / 25
  • 迷と悟 / 26
  • 禪と修行 / 28-34
  • 我宗の修行 / 28
  • 邪師の見解 / 30
  • 忍辱精進せよ / 32
  • 坐禪の功德 / 33
  • 吾人は何を目的に進むべきや / 35-45
  • 佛敎者の責務 / 35
  • 科學者の迷夢 / 39
  • 大信念に立脚せよ / 44
  • 禪は生活の源泉 / 46-51
  • 精神的生活 / 46
  • 師に盲動せらるゝ勿れ / 47
  • 精神の甘泉 / 50
  • 差別に卽せざる平等なし / 52-60
  • 平等と差別 / 52
  • 流行の靜坐法について / 53
  • 看話禪と默照禪 / 57
  • 大希望に活きよ / 61-68
  • 希望なき生活は動物生活 / 61
  • 不動の精神 / 63
  • 不平と滿足と希望 / 65
  • 禪の大理想 / 67
  • 作法是れ宗旨 / 69-76
  • 儀式と形式 / 69
  • 佛儀の現成 / 70
  • 法式の眞精神 / 73
  • 形式と實行 / 75
  • 禪は終始一貫 / 77-81
  • 迷妄の衆生 / 77
  • 始禪と中禪と終禪 / 78
  • 戰爭禪 / 82-91
  • 宇宙は悉く戰爭 / 82
  • 善心と惡心 / 83
  • 佛法は石鹸の如し / 85
  • 活禪の活光明 / 87
  • 空見識を止めよ / 89
  • 仔細に點檢せよ / 90
  • 碧巖集と從容錄について / 92-94
  • 一條柱杖兩人擔 / 95-103
  • 太祖の禪風 / 95
  • 禪門の新光明 / 96
  • 接化の手段 / 96
  • 援隊禪師と太祖大師 / 98
  • 坐禪用心記について / 100
  • 五位について / 101
  • 三寶物を尊重せよ / 104-108
  • 三寶とは何ぞ / 104
  • 三寶の功德海 / 106
  • 佛戒論 / 109-132
  • 一 安心問體 / 109
  • 二 經律論の三藏 / 109
  • 三 戒定慧の三學 / 111
  • 四 戒法と禪定 / 112
  • 五 一佛性の三方面 / 113
  • 六 戒定慧の特色 / 115
  • 七 佛祖正傳の戒法 / 119
  • 八 修證義の纂修 / 126
  • 九 修證義の大要 / 128
  • 十 曹洞禪の生命 / 131
  • 諒闇の佛法 / 133-148
  • 昭和の禪 / 149-161
  • 昭和禪の本領 / 149
  • 昭和三昧 / 151
  • 昭和の活精神 / 153
  • 大乘禪の現成底 / 156
  • 御大典と佛敎徒の覺悟 / 162-173
  • 全甌無缺の國體 / 162
  • 王法と佛法 / 163
  • 佛敎徒の責務 / 167
  • 消極的の保護 / 170
  • 正法の興隆 / 171
  • 大乘禪の本領 / 174-183
  • 大乘禪に參徹せよ / 174
  • 一道淸淨の大無畏法 / 179
  • 信念生活の基礎 / 181
  • 抛自捨命し來れ / 182
  • 自受用三昧とは何ぞや / 184-193
  • 自受用三昧の要領 / 184
  • 佛祖的傳の妙法 / 186
  • 絕對の大無我 / 187
  • 佛祖道の大精神 / 190
  • 純一無雜の正修行 / 192
  • 先づ其の本を知れ / 194-205
  • 信念と修養と訓鍊 / 194
  • 因果律を信ぜよ / 196
  • 萬德の佛性三昧 / 199
  • 因緣性空の理 / 201
  • 流行思想と禪 / 204
  • 禪と趣味 / 206-211
  • 精神上の食物 / 206
  • 法喜食と禪悅食 / 208
  • 絕對一元の宗敎 / 210
  • 安禪は安心の第一法 / 212-226
  • 思想善導と宗敎 / 212
  • 世間禪の批判 / 215
  • 大乘禪の修行法 / 217
  • 坐禪の正しい仕方 / 218
  • 調心の手段 / 219
  • 正師に就くこと / 221
  • 坐禪に必要な八ケ條 / 227-255
  • 一 吾人と社會との關係 / 227
  • 二 何故に修行を要するや / 229
  • 三 調身の大事 / 235
  • 四 調息の大事 / 239
  • 五 調心の大事 / 240
  • 六 諸種の心得 / 244
  • 一 信念 / 244
  • 二 面壁 / 245
  • 三 場所 / 245
  • 四 明暗 / 245
  • 五 時を定めること / 245
  • 六 檢功 / 246
  • 七 随師 / 246
  • 七 決疑五項 / 247
  • 一 坐禪は如何なる道の人も修養すべき大道であること / 248
  • 二 坐禪は難解なりや / 249
  • 三 禪の實行は苦痛なりや / 250
  • 四 禪は修養の功果の現はるゝこと遲きや / 252
  • 五 禪は時間を要するや否や / 253
  • 八 最后の心得 / 253
  • 一 熱心の大事 / 253
  • 二 繼續の大事 / 254
  • 單なる無階級は邪禪 / 256-280
  • 知目と行足 / 256
  • 禪の三階級 / 257
  • 有念の禪 / 258
  • 無念の禪 / 259
  • 無着の禪 / 260
  • 禪の字義 / 260
  • 相似禪 / 263
  • 漸悟の禪 / 264
  • 頓悟の禪 / 266
  • 公案について / 269
  • 大死一番せよ / 270

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 坐禅のすゝめ
著作者等 原田 祖岳
書名ヨミ ザゼン ノ ススメ
出版元 中央仏教社
刊行年月 昭和3
ページ数 338p 肖像
大きさ 20cm
全国書誌番号
46090038
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想