偉人伝全集  第10巻

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 生ひ立ち / 7
  • 一 癌の名醫 / 7
  • 二 搾取敎育 / 11
  • 三 珍らしい母親 / 15
  • 四 親父の行くへ / 16
  • 五 誕生 / 23
  • 六 雛の羽叩き / 26
  • 第二章 發足 / 29
  • 一 一風變つた少年 / 29
  • 二 就職 / 31
  • 三 第一に學んだこと / 34
  • 四 資本と宗敎 / 36
  • 五 臺帳A / 39
  • 六 神と石油王 / 42
  • 七 ローマンス / 44
  • 八 若いパートナア / 48
  • 九 借金の名人 / 53
  • 一〇 節約狂 / 55
  • 一一 南北戰爭と彼 / 59
  • 第三章 石油を摑む / 63
  • 一 「石油地」に現はれる / 63
  • 二 彼れの「富への道」 / 71
  • 三 兄弟と、その後の父と / 74
  • 四 蓄積が蓄積慾を生む / 76
  • 五 愛人、結婚、家族 / 77
  • 六 製油工場の買收 / 81
  • 七 ヘンリー・フラツクラーの役劇 / 87
  • 第四章 トラスト形成へ / 96
  • 一 鐵道との提携═最初の祕密割引 / 96
  • 二 打倒・併合・擴張 / 102
  • 三 スタンダード石油會社の創立 / 106
  • 四 一八七〇年の狀勢 / 108
  • 五 南部開發會社 / 110
  • 六 いよ[イヨ]トラストをつくる / 116
  • 七 石油獨占 / 121
  • 八 一八七二年石油戰爭 / 123
  • 九 勝利者 / 127
  • 第五章 石油王 / 132
  • 一 鬪爭十年 / 132
  • 二 讀書狂と石油王と / 136
  • 三 鐵道を牛耳る / 139
  • 四 「中央聯盟」形成 / 142
  • 五 製油業者撫斬り / 151
  • 六 ペンシルヴアニア鐵道の反抗 / 157
  • 七 暗闇に動く不可解な力 / 165
  • 第六章 巨大トラストの勝利 / 170
  • 一 世界市場を征服する / 170
  • 二 黑裝束を脫いだトラスト / 172
  • 三 政治を左右する / 174
  • 四 巨大トラストの人々 / 176
  • 五 節約・特權・獨占價格 / 182
  • 六 その頃のジヨン・ディーの住居 / 185
  • 第七章 「トラスト征伐」騷ぎ / 188
  • 一 新聞の總攻擊 / 188
  • 二 反トラスト熱 / 190
  • 三 ランデイスのトラスト裁判-罰金二千九百萬弗 / 194
  • 四 モルガンとロツクフエラー / 200
  • 五 トラスト解散を命ぜらる / 207
  • 六 解散命令に服從する / 211
  • 第八章 獨占王 / 214
  • 一 發き出されたジヨン・ディーの富 / 214
  • 二 ブロードウエイの沈默の塔 / 219
  • 三 配當金〇・八二仙也 / 224
  • 第九章 慈善の防壁 / 233
  • 一 ジヨン・ディーと慈善 / 233
  • 二 施物分配人の總大將 / 237
  • 三 牧師はビジネスの天才だつた / 241
  • 四 シカゴ大學とロツクフェラー / 243
  • 第十章 ジヨン・ディー二世 / 246
  • 一 資本主義の若きプリンス / 246
  • 二 億萬長者の吝嗇 / 248
  • 三 ジヨン・ディー二世の仕事 / 252
  • 四 彼れの生ひ立ち / 256
  • 五 財界の檜舞臺に登場 / 260
  • 六 聖書を書き直す / 262
  • 七 勞働の擡頭 / 267
  • 八 協調主義の大選手 / 271
  • 第十一章 ジヨン・ディー三世 / 275
  • 一 六人の子供 / 275
  • 二 疑はしい小切手 / 277
  • 三 九〇、〇〇〇、〇〇〇、〇〇〇、〇〇〇弗の持主 / 281
  • 第十二章 老後のロックフェラー / 286
  • 一 十仙銀貨を吳れる / 286
  • 二 ポカンチコの離宮 / 290
  • 三 天國へ行くだらうか? / 293

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 偉人伝全集
著作者等 円城寺 哲
書名ヨミ イジンデン ゼンシュウ
書名別名 ロックフェラー伝

Ijinden zenshu
巻冊次 第10巻
出版元 改造社
刊行年月 昭和6
ページ数 293p 肖像
大きさ 19cm
全国書誌番号
46077258
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ロックフェラー伝 円城寺 哲
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想