近江と高天原

橋本犀之助 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 我が國神代に於ける交通 / 1
  • 第一節 高天原の所在地 / 2
  • 第二節 高天原よりの遠征に用ひたる船舶 / 5
  • 第三節 神代に於ける我が國土内の船舶 / 10
  • 第四節 我が國神代に於ける陸上交通 / 23
  • 第五節 國神の陸上交通に及したる影響 / 35
  • 第六節 神代に於ける交通範圍 / 38
  • 第二章 我が國古代史に對する疑問 / 39
  • 第一節 飛躍的交通に對する疑問 / 39
  • 第二節 古事記日本書紀の解釋に對する疑問 / 54
  • 第三節 神代上古の國名に對する疑問 / 58
  • 第四節 淤能碁呂嶋の所在地に對する疑問 / 65
  • 第三章 淤能碁呂嶋の所在地と高天原 / 67
  • 第一節 淤能碁呂嶋の意義 / 67
  • 第二節 太古に於ける亞細亞大陸の人種遷徒 / 69
  • 第三節 我が國に於ける先住民族 / 69
  • 第四節 再び高天原の所在地に就て / 74
  • 第五節 對韓土の原始的交通路 / 77
  • 第六節 敦賀灣西沿岸の奇習 / 89
  • 第七節 淡道之穗狹別島 / 90
  • 第八節 淤能碁呂嶋の所在地 / 96
  • 第四章 三つの意義を持つ高天原 / 99
  • 第一節 高天原の三意義 / 99
  • 第二節 天照大神の君臨ましましたる高天原 / 102
  • 第五章 高天原出雲及び葦原中國の三關係 / 112
  • 第一節 出雲國と葺原中國との地理的關係 / 112
  • 第二節 高天原と出雲國 / 115
  • 第六章 神話に關する湖北の傳說 / 119
  • 第一節 口碑傳說の價値 / 119
  • 第二節 伊香郡に傳はる傳說 / 122
  • 第三節 坂田郡に傳はる傳說 / 125
  • 第七章 神話の物語と湘北地方 / 129
  • 第一節 神代の國々と湖北地方 / 131
  • 第二節 天津神と國津神 / 143
  • 第三節 高天原と伊吹山 / 147
  • 第四節 黃泉國と米原地方 / 151
  • 第五節 簸川は姉川なり / 153
  • 第六節 出雲國と湖北平野 / 155
  • 第七節 比婆之山と米原の神ノ山 / 158
  • 第八節 伊邪那岐命迦具土を殺し給ふ / 160
  • 第九節 伊邪那岐命黃泉國に彷徨ひ給ふ / 161
  • 第十節 阿波岐原の禊祓 / 163
  • 第十一節 須佐之男命の追放 / 164
  • 第十二節 多賀宮と日少宮 / 166
  • 第十三節 天岩戶と伊吹山 / 172
  • 第十四節 須佐之男命の八俣遠呂智退治と伊吹神社 / 174
  • 第十五節 須賀宮と須賀谷 / 193
  • 第十六節 熊成峯と熊岡山 / 197
  • 第十七節 須佐之男命と大國主命 / 198
  • 第十八節 出雲國引 / 201
  • 第十九節 稻羽の白兎の物語と稻葉村 / 203
  • 第二十節 黃泉比良坂と深坂 / 206
  • 第廿一節 宇迦能山と宇賀野村 / 208
  • 第廿二節 大國主命と宇賀魂命 / 210
  • 第廿三節 高志國 / 213
  • 第廿四節 倭國 / 216
  • 第廿五節 天照大神の天下鎭撫 / 217
  • 第廿六節 葦原中國と豐葦原之水穗國 / 220
  • 第廿七節 天孫降臨 / 221
  • 第廿八節 杵築之宮 / 224
  • 第廿九節 高千穗峯と古保利村 / 228
  • 第三十節 神代三陵 / 234
  • 第卅一節 猨田比古大神と太平寺 / 237
  • 第卅二節 邇々藝命の國土巡覽 / 239
  • 第卅三節 笠狹之御碕と山本村 / 240
  • 第卅四節 海佐知毘古と山佐知毘古 / 243
  • 第八章 神武の東征に對する疑問と其の眞相 / 247
  • 第一節 神武の東征に對する疑問 / 247
  • 第二節 東征の理由と其の出發地 / 249
  • 第三節 倭國と水口盆地 / 252
  • 第四節 東征の順路 / 255
  • 第五節 土蜘蛛と三雲村の石室 / 271
  • 第六節 丹生川 / 272
  • 第七節 忍坂の大室と伊勢落村 / 274
  • 第八節 橿原宮と國中神社 / 276
  • 第九節 畝傍山と朝國山 / 279
  • 第九章 大和民族文化發祥地としての近江國 / 287
  • 第一節 上古時代の國々と南江州 / 287
  • 第二節 三關と近江 / 294
  • 第三節 近江商人の發生 / 302
  • 第四節 佛敎の傳來と近江國 / 315
  • 第十章 稗田阿禮と近江國 / 318
  • 第十一章 神武帝陵論 / 328

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近江と高天原
著作者等 橋本 犀之助
書名ヨミ オウミ ト タカマノハラ
出版元 近江人協会
刊行年月 昭和5
ページ数 345p 図版26枚
大きさ 19cm
NCID BA3493291X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46076418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想