藤田東湖全集  第5卷

高須芳次郎 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 漢文體書翰篇
  • 靑山總裁に與へて修史上の五大弊を論ずるの書 / 3
  • 川口嬰卿の反省を促すの書 / 68
  • 靑山雲龍に與ふるの書 / 88
  • 憇齋會澤先生に與ふ / 105
  • 原仲寧に與ふるの書 / 111
  • 學問篇
  • 學問の目的(寺門政次郞へ) / 129
  • 神道學者平田篤胤を推擧(烈公へ) / 139
  • 蘭學硏究の事(豐田天功へ) / 141
  • 再び蘭學について(天功へ) / 145
  • 敎育篇
  • 弘道館創立に關する意見書(烈公へ) / 147
  • 神儒一致の精神(烈公へ) / 156
  • 水戶學風の宣揚(原田兵介へ) / 159
  • 著述篇
  • 弘道館記について(會澤伯氏へ) / 164
  • 重要著述について(豐田天功へ) / 169
  • 日夜憂憤(吉成又衞門へ) / 174
  • 歌文篇
  • 幽谷の碑文(會澤伯氏へ) / 177
  • 要石の和歌(烈公へ) / 183
  • 醉中の次韻(橫井小楠へ) / 188
  • 醉余の文章談(原任藏へ) / 191
  • 純孝・精忠の讃(長岡監物へ) / 196
  • 風流とは疏遠(原田兵介へ) / 199
  • 友情篇
  • 翆軒屋との復交(立原甚太郞へ) / 201
  • 酒を斷つ(吉成又衞門へ) / 206
  • 弓矢の道の再興を希ふ(市毛谷衞門へ) / 208
  • 神佛篇
  • 神洲の大道と浩然の氣(某へ) / 215
  • 神皇の道(坂場彥介へ) / 221
  • 鹿島・香取兩社への奉額(戶田忠太夫へ) / 224
  • 異敎排擊(國友與五郞へ) / 228
  • 蕃政篇
  • 伊勢の火災・京都の地震(大久保要へ) / 233
  • 楠公五百年忌に當つて(靑山延于へ) / 238
  • 松御殿行燈の怪異(戶田忠太夫へ) / 241
  • 憂國篇
  • 大言壯語を難ず(豐田天切へ) / 247
  • 天下の憂に先立つて憂ふ(根本三十郞へ) / 249
  • 虛飾の禁(烈公へ) / 251
  • 國防篇
  • 一生懸命の場合(原田誠之介へ) / 253
  • 非常時と嗣子の出府(原田誠之介へ) / 256
  • 攘夷會開催(安井息軒へ) / 259
  • 講武所設立の計畫(關藤藤陰へ) / 262
  • 大船製造の可否(烈公へ) / 278
  • 家事篇
  • 妹雪子の緣談(根本三十郞へ) / 283
  • 男子出產(松岡兵庫之助へ) / 285
  • 二兒病む(母堂へ) / 288
  • 塾生共に十九の家族(戶田忠太夫へ) / 291
  • 老後の江戶見物(妹雪子へ) / 296
  • 質物受戾し(江幡甚太郞へ) / 304
  • 雜事篇
  • 烈公歸國(鴉飼吉左衞門へ) / 307
  • 論語の輪講(茅根伊豫之介へ) / 311
  • 中風の用意(原田兵介へ) / 314
  • 痾を湯岐溫泉に養ふ(目付へ) / 316
  • 少々の賄賂(鮎澤伊太夫へ) / 318
  • 献上品の斡旋(烈公へ) / 320
  • 父子共に弓矢の道へ(原十左衞門へ) / 322
  • 拜頷品の御禮(戶用忠太夫へ) / 328
  • 茶碗拜領(戶田忠太夫へ) / 330

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 藤田東湖全集
著作者等 藤田 東湖
高須 芳次郎
書名ヨミ フジタ トウコ ゼンシュウ
巻冊次 第5卷
出版元 章華社
刊行年月 昭11至12
ページ数 2冊
大きさ 20cm
全国書誌番号
46071130
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想