由良志稿

稲垣禾州 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 由良の槪說
  • 一 由良の位置
  • 二 地學上の由良
  • 三 海防上の由良
  • 第二章 由良の異彩
  • 四 由良と延喜式
  • 五 由良と舊藩主
  • 六 由良と孝子
  • 七 由良上要塞
  • 八 至尊と由良
  • 第三章 由良の港灣
  • 九 上古の由良港
  • 一〇 由良の港口其一
  • 一一 由良の港口其二
  • 一二 新川口の聞鑿
  • 一三 今川口の開鑿
  • 一四 街衢の今昔
  • 一五 家屋の今昔
  • 一六 港内の今昔
  • 第四章 由良の城砦
  • 一七 街此の古城
  • 一八 成山の城阯
  • 一九 由良の藩邸
  • 二〇 由良と參覲交代
  • 二一 嘉永の防備
  • 二二 陣屋の創置
  • 二三 士人の來住
  • 二四 御鐡砲と農兵
  • 二五 高崎の臺場
  • 二六 庚午の變
  • 二七 兵營の創設
  • 二八 由良隊の戰績
  • 第五章 由良の神社
  • 二九 湊神社
  • 三〇 八幡宮
  • 三一 兩社の舊阯考
  • 三二 生石社
  • 三三 生石權現
  • 三四 内田社
  • 三五 住吉社
  • 三六 嚴島神社
  • 三七 若宮祠
  • 第六章 由良の佛閣
  • 三八 海福寺の阯
  • 三九 神宮寺の阯
  • 四〇 地藏坊と安樂坊
  • 四一 心蓮寺
  • 四二 觀音寺と淨土寺
  • 四三 釋迦院と南光院
  • 第七章 由良の城主及び縁故深き武將
  • 四四 安宅賴藤
  • 四五 安宅冬康
  • 四六 冬康の三子
  • 四七 池田忠雄
  • 四八 蜂須賀至鎭
  • 四九 稻田九郞兵衞
  • 第八章 由良の名流
  • 五〇 四宮三郞右衞門
  • 五一 卜田牛之助
  • 五二 大秀和尚
  • 五三 森甚太夫
  • 五四 廣田加左衞門
  • 五五 四宮喜四郞
  • 五六 三澤理左衞門
  • 五七 橋本長太夫
  • 五八 孝子久左衞門
  • 五九 僧萬濟
  • 六〇 中村源左衞門
  • 六一 西山徂雲
  • 六二 渡邊彌左衞門
  • 六三 憎眞純
  • 六四 宮川俊壽
  • 六五 野口茂右衞門
  • 六六 萬屋利三太
  • 六七 中尾秀民
  • 六八 棚橋勘太夫
  • 六九 箕浦晋一郞
  • 七〇 森長左衞門
  • 七一 野尻節助
  • 七二 樫原行久
  • 七三 熊田晩香
  • 七四 杉山譽門
  • 七五 新見騰藏
  • 七六 熊田慶三郞
  • 第九章 由良と古書
  • 七七 由良能斗 (古事記)
  • 七八 由良能斗 (古事記傳本居宣良)
  • 七九 島々の御眺 (古事記)
  • 八〇 由良の邊冠 (續日本後紀)
  • 八一 あはぢ (謠曲)
  • 八二 由良の開城 (太閤記)
  • 八三 大阪陣と成山城 (日本戰史)
  • 八四 孝子久左衞門 (本朝孝子傳)
  • 八五 孝子領德の詩歌 (孝子家々寶)
  • 八六 正月例祭 (堅磐草)
  • 八七 由良の頭 (味地草)
  • 八八 御秡察 (堅磐草)
  • 八九 地高家數等 (味地草)
  • 第十章 由良の地名
  • 九〇 佐毘山
  • 九一 內田
  • 九二 成敗谷と三途川
  • 九三 驅牛
  • 九四 由良引當時の地名
  • 九五 天保年間の地名
  • 九六 地名に關する口碑
  • 九七 地名に關する愚考
  • 第十一章 由良の傳說
  • 九八 御船の漂蕩
  • 九九 江河其他の古碑
  • 一〇〇 今川口の陶器
  • 一〇一 嫁が辻と笠松
  • 一〇二 柳の水
  • 一〇三 小池川と籾種
  • 一〇四 天玄丸の難破
  • 一〇五 由良の後進部落
  • 第十二章 由良の俗謠
  • 一〇六 由良の製艦
  • 一〇七 由良びけ
  • 一〇八 由良の港門
  • 一〇九 大船の出入
  • 一一〇 お夏三五郞
  • 一一一 由良の遊廓
  • 一一二 由良の薪炭
  • 一一三 婦人の特色
  • 一一四 其他の俗謠
  • 第十三章 由良の風習
  • 一一五 器量の頭
  • 一一六 花の頭
  • 一一七 初老の祝
  • 一一八 由良の予蘭盆
  • 一一九 由良の盆踊
  • 一二〇 由良の麥搗
  • 一二一 由良の用水
  • 一二二 かつがれ
  • 一二三 由良の寢宿
  • 第十四章 お良の風光
  • 一二四 由良十二景 其一
  • 一二五 由良十二景 其二
  • 一二六 由良十二景 其三
  • 第十五章 由良の生業
  • 一二七 由良の製盬
  • 一二八 由良の製瓦
  • 一二九 由良の鰡網
  • 一三〇 由良の天蠶絲
  • 一三一 由良のクレー
  • 第十六章 由良の公廨
  • 一三二 由良町役場
  • 一三三 由良小學校
  • 一三四 由良郵便局

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 由良志稿
著作者等 稲垣 禾州
書名ヨミ ユラ シコウ
書名別名 Yura shiko
出版元 稲垣伊作
刊行年月 大正11
ページ数 1冊
大きさ 26cm
全国書誌番号
43020843
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想