渡良瀬沿岸地方史蹟

岡部福藏 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • (古墳) 山田郡毛里田村大字吉澤 百庚申塜古墳 / 1
  • (金石文) 南無阿彌陀佛を刻せる方柱古碑、 / 4
  • (金石文) 園田成實墓碑、 / 5
  • (金石文) 野州小俣雞足寺五大尊堂鐘銘、 / 6
  • (金石文) 毛里田村今泉曹源寺內、延文二年の古碑、 / 7
  • (金石文) 毛里田村市場の古碑、 / 8
  • (金石文) 集古十種所載の桐生古碑、 / 11
  • (金石文) 山田郡塚本の新田義貞夫人勾當内侍の墓碑、 / 12
  • (金石文) 矢田堀瑞岩寺內泉伊豫守繁俊碑、 / 13
  • (金石文) 近衞關白前久公の揮毫せる梅田村淺部の庚申塔と同所觀音堂前の芭蕉碑、 / 13
  • (金石文) 桐生山鳳仙寺鐘銘、 / 14
  • (金石文) 勢多郡新里村新川善昌寺鐘銘並引、 / 15
  • (金石文) 山田郡梅田村寳樹山西方寺梵鐘銘、 / 17
  • (金石文) 山田郡毛里田村丸山、上陽米山藥師堂鐘銘、 / 18
  • (金石文) 山田鰐口銘、 / 19
  • (金石文) 勢多郡新川、新光大平山妙珠院善昌寺碑、 / 20
  • (金石文) 桐生新町詩人佐羽淡齋墓記、 / 22
  • (金石文) 大間々東、要害山頂、佐羽淡齋十山亭碑、 / 25
  • (金石文) 新田郡笠懸村鹿ノ川、幕府、名代官贈從五位岡上次郞兵衛景能墓碑 / 25
  • (金石文) 新田郡籔塜本町大原、岡上景能紀功碑、 / 26
  • (金石文) 大間々東、要害山西側、高津戶古柵碑 / 28
  • (金石文) 山田郡川內村小倉峠西麓、新道開鑿之碑 / 30
  • (金石文) 勢多郡水沼、開道碑、 附、新道開通式に於ける楫取群馬縣令の祝辭 / 31-32
  • (古文書) 足利尊氏より彥部四郞宛文書、 / 34
  • 井彈正光任より新田義興の從士南瀨口六郞宛文書 / 35
  • (古文書) 正木文書の藤心鄕と山田郡廣澤村、 / 36
  • (古文書) 近衞關白龍山公(前久)文書、 / 37
  • (古文書) 近衞關白龍山公きりう御館宛文書、 / 37
  • (古文書) 武田信玄より足利將軍一色彥部兩士宛文書、 / 38
  • (古文書) 古河公方足利義氏より新田金山城主由良成繁宛文書、 / 39
  • (古文書) 由良成繁より名草宛文書、 / 39
  • (古文書) 小田原北條氏政の長臣松田尾張守秀政文書、 / 40
  • (古文書) 古河公方足利義氏より新田金山由良氏の族泉中務大輔宛文書、 / 41
  • (古文書) 古河公方足利義氏より新田金山城主橫瀨信濃守宛文書、 / 41
  • (古文書) 足利城主長尾顯長より小俣、薗田宛文書、 / 42
  • (古文書) 長尾顯長家臣大畠治部少輔外一人文書、 / 42
  • (古文書) 上州勢多郡黑川村醫王山善雄寺圓乘院天海大僧正法度文書、 / 43
  • (古文書) 上州勢多郡黑保根村上神梅、天台宗覺成寺天海大僧正直末指令狀、 / 44
  • (古文書) 岩松守純より其臣毒島外記宛文書、 / 44
  • (古文書) 岩松豊純より毒島外記宛文書、 / 45
  • (古文書) 岩松義純より毒島勘右衛門宛文書、 / 46
  • (古文書) 岩松孝純(閑湖齋)より毒島七右衞門宛文書、 / 48
  • (古文書) 岩松滿次郞道純より毒島圓二宛文書、 / 48
  • (古文書) 岩松滿次郞道純中黑紋付麻上下を贈りし添書、 / 49
  • (傳說) 勢多郡東村小中の鳥海神社と安倍宗任に關する古傳說、 / 50
  • (傳說) 勢多郡東村神戶の太郞神社と田原太郞忠廣、 / 51
  • (史蹟) 勢多郡東黑川山中、五蘭田城址、 / 52
  • (傳說) 栗生賴方と栗生神社、 / 53
  • (傳說) 上田澤の醫光寺と赤城小沼に投ぜし赤堀氏女の帶地、 / 53
  • (傳說) 愛久澤氏由緖(勢多郡黑保根村) / 54
  • (史蹟) 深澤城玩(勢多郡黑保根村) / 55
  • (史蹟) 上神梅の千人塜、 / 56
  • (傳說) 勢多郡新里村新川、桃井の腹切石、 / 57
  • (傳說) 山田郡梅田村山地の千世ケ淵、 / 60
  • (傳說) 山田郡梅田村上久方熊谷三郞兵衞(由井正雪一味)の住所と其墓碑、 / 62
  • (傳說) 菱村字黑川(野州足利郡)の泉龍院緣起、 / 63
  • (傳說) 小俣雞足寺(野州足利郡)緣起、 / 64
  • (傳說) 金井宗淸立腹切りし跡、 / 66
  • (傳說) 廣澤村曾我の七橋、 / 67
  • (傳說) 廣澤村式內加茂神社と源義家、 / 67
  • (傳說) 植木野宗金寺什物爼板の名號、 / 68
  • (傳說) 只上なる村名の由來、 / 69
  • (傳說) 只上の住民、桔梗の花を嫌ひし由來、 / 69
  • (傳說) 只上山上兩村石合戰の古例、 / 70
  • (傳說) 龍舞の地名と加茂神社、 / 71
  • (史蹟) 園田氏の舊館牛房屋敷、 / 72
  • (傳說) 渡良瀨河道の變遷、 / 73
  • (傳說) 八重笠村の大蛇、 / 74
  • (天然物) 當地方有名の老木 / 75

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 渡良瀬沿岸地方史蹟
著作者等 岡部福藏
書名ヨミ ワタラセ エンガン チホウ シセキ
書名別名 Watarase engan chiho shiseki
出版元 愛隣堂
刊行年月 1929
ページ数 76p
大きさ 23cm
全国書誌番号
21345809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想